mainA

メインプログラム・アーティスト決定! 一夜限りのアートの饗宴「六本木アートナイト2019」

六本木アートナイト2019 メインビジュアル

今年で10回目を迎える一夜限りのアートの饗宴「六本木アートナイト2019」。

2019年5月25日(土)から26日(日)に開催される今回のテーマは「夜の旅、昼の夢」です。

これまでヤノベケンジ、草間彌生、日比野克彦、蜷川実花、名和晃平など日本の現代アートを牽引するアーティストが参加してきましたが、今回は10回目にして初の外国人メインプログラム・アーティスト チェ・ジョンファ(崔正化)を迎えます。

「平昌2018パラリンピック冬季競技大会」開会式・閉会式のアートディレクターを務めるなど国際的に活躍を展開し、近年日本各地の芸術祭、アートプロジェクトでも作品に触れる機会の多いチェ・ジョンファが手がけるのは六本木ヒルズアリーナ、東京ミッドタウン、国立新美術館をつなぐインスタレーション作品。

六本木ヒルズアリーナには果物や野菜によるカラフルなバルーン彫刻《フルーツ・ツリー》が登場し、会期中様々なイベントの舞台にもなる六本木ヒルズアリーナを、鮮やかな宴会場のように飾ります。

六本木ヒルズアリーナ イメージパース

 

HAPPY TOGETHER
すべては輝く。
静かに輝くものなど。
星のように輝くもの。
無用だが美しいものなど。
私も、あなたも、猫も、古い器も。
世の中のすべてのものはもう存在だけでも眩しく光ります。
私はあなたと一緒にその光を集めて編み、さらに大きくて燦爛たる光を作り出そうと思います。芸術とは、私たちの日常の生活の中に毛細血管のように染み込んでいるものであり、作家たちだけの専有物ではありません。しがないような日常の物: 果物のひとつ、器一対が抱いている本来の存在の大きな世界とその存在の拡張を通じて私たちはお互いに会うようになるはずです。
六本木のある夜、あなたが光と色と空気とエネルギーが生動するその刹那に出会えることを願います。

チェ・ジョンファ(崔正化)

 

また、プレプログラムとして、アメリカ出身のアーティスト カート・パーシキーが立ち上げ、これまで世界30都市で開催されてきたアートプロジェクト「Red Ball Project」が日本初上陸!

5月20日より、毎日、六本木エリアの異なる場所に直径4.5メートルもの巨大な赤いボールが出現します。どこに現れるかわからないレッドボールとのセレンディピティをどうかお楽しみください。

 

このページに関するタグ
関連する記事

あなたのデスクトップにアートのインスピレーションを

ARTS WALLは、常にアートからの知的な刺激を受けたい方や、最新のアートに接したい方に、ARTLOGUEのコラムや、美術館やギャラリーで今まさに開催中の展覧会から厳選したアート作品を毎日、壁紙として届けます。 壁紙は、アプリ経由で自動で更新。