「三瀬夏之介 風土の記-かぜつちのき-」 CURATORS TV

ARTLOGUE 編集部

ARTLOGUE 編集部

curatorstv-5772336187834368

「三瀬夏之介 風土の記-かぜつちのき-」のギャラリートーク

スピーカー

西田彩乃

会場

奈良県立万葉文化館

会期

2014年3月9日~5月11日

展示について

このたび、奈良県立万葉文化館では、奈良県の出身であり、現在も意欲的な制作活動を続ける新進気鋭の画家、三瀬夏之介の個展「三瀬夏之介 風土の記―かぜつちのき―」を開催します。 歴史と風土、それぞれは縦軸と横軸となり日本の魅力の奥行きを形成している…。古く奈良時代にも、歴史と風土がその縦軸と横軸とを交差させ、豊かな文化が形成されていました。 さて、それから約1300年の時空を超えた今、奈良が生んだ一人の絵描きに注目します。彼の名は三瀬夏之介。奈良、京都、フィレンツェ、東北…と、これまでに彼が訪れてきたそれぞれの地から、多様な文化・風土を吸収した三瀬の作品は、ダイナミックかつ繊細で見るものを圧倒します。 奈良県出身である三瀬夏之介は、1999年に京都市立芸術大学大学院美術研究科絵画専攻を修了、その後地元である奈良の高校で教鞭を執る傍ら、個展、グループ展の開催を重ね、2009年にVOCA賞、2012年には「第5回東山魁夷記念日経日本画大賞展」で選考委員特別賞を受賞するなど、近年注目を集める作家です。現在は、東北芸術工科大学の准教授として後進の教育にも力を注いでいます。 本展では、三瀬の代表作である「君主論- Il Principe- 」、「ぼくの神さま」(ともに大原美術館所蔵)に加え、「日本」を正面からテーマに据えた「J 」シリーズや、パブロ・ピカソの「ゲルニカ」からインスピレーションを受け、震災後に制作された大作「日本の絵」シリーズ等と共に、本展初公開となる「風土の記」をモチーフに、世界における日本、日本における奈良、といった壮大なスケールで三瀬の故郷「奈良」を表現した新作を紹介します。 三瀬ならではの視点と感性で表現される、飛鳥、奈良、そして「日本」。それはまさしく、歴史と芸術を交差させた現代の『風土記』と言えるでしょう。 ◎本展の見どころ 和紙に墨という日本古来の素材を使用し、意欲的に制作をつづける三瀬夏之介。そんな三瀬氏の個展である「三瀬夏之介 風土の記-かぜつちのき-」、本展のみどころは、まず展示室中央に吊された、旗のような形状をした作品である《日本の絵~小盆地宇宙~》と、そして全長約17mにもなる巨大なスケールで、三瀬の故郷である「奈良」が表現された、本展注目の新作である《風土の記》の新作2点、こちらは今回初公開の作品となります。  また、今までの三瀬の代表作の中からは、2009年VOCA賞受賞作品である《J》(第一生命保険株式会社所蔵)や、三瀬作品の特徴である巨大な和紙に墨といったデリケートな素材を用い、表面に様々なコラージュが見られる《君主論- Il Principe-》や、《ぼくの神さま》(ともに大原美術館所蔵)など、当館の展示室を縦横無尽に埋め尽くす大型の作品も、本展の迫力満点のみどころです。

アーティストについて

三瀬夏之介 (みせ・なつのすけ) 1973年 奈良生まれ 1997年 京都市立芸術大学 美術学部美術科日本画専攻 卒業 1999年 京都市立芸術大学 大学院美術研究科絵画専攻 修了 1999年~2009年 関西文化芸術学院 講師 2002年 第2回トリエンナーレ豊橋 星野眞吾賞展 星野眞吾賞受賞 2006年 第17回五島記念文化賞美術新人賞受賞 2007年 五島記念文化財団研究員としてフィレンツェにて研修(4月~2008年3月まで) 2009年 VOCA賞受賞 京都市芸術新人賞受賞 2012年 第5回東山魁夷記念日経日本画大賞展 選考委員特別賞受賞 第22回タカシマヤ美術賞受賞 2014年 第32回京都府文化賞奨励賞受賞 現在、東北芸術工科大学 准教授 主な個展 1999年 「シナプスの小人~循環~」Artislong Gallery(京都) 2003年 「わたしは絵が描きたい」neutron B1 gallery(京都) 「奇景」アートスペース上三条(奈良) 2004年 「わたしは奈良で考える」neutron B1 gallery(京都) 2005年 「日本の絵」gallery neutron(京都) 2007年 「ARKO 2007 三瀬夏之介」大原美術館(岡山) 「日本画復活論」名芳洞blanc(愛知) 2008年 「J」イムラアートギャラリー(京都) 2009年 「冬の夏」佐藤美術館(東京) 「シナプスの小人」新宿髙島屋(東京) 「問月台」中京大学 C・スクエア(愛知) 「笑月」京都髙島屋(京都) 2010年 「肘折幻想」イムラアートギャラリー(京都) 「ぼくの神さま」イムラアートギャラリー(東京) 「だから僕はこの一瞬を永遠のものにしてみせる」第一生命ギャラリー(東京) 2011年 「だから僕はこの一瞬を永遠のものにしてみせる」京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA(京都) 2012年 「空虚五度」新宿髙島屋、日本橋髙島屋(東京) 2013年 「ぼくの神さま」青森公立大学 国際芸術センター青森(青森) 「日本の絵 三瀬夏之介展」平塚市美術館(神奈川) 「N.E.blood 21 Vol.48 三瀬夏之介展」リアス・アーク美術館(宮城) 2014年 「三瀬夏之介-雨土の記」浜松市秋野不矩美術館(静岡) 「三瀬夏之介 風土の記-かぜつちのき-」奈良県立万葉文化館(奈良) 主なグループ展 2005年 「日本画ジャック」京都文化博物館(京都) 「『絵図』と『絵画』との間で」京都造形芸術大学 ギャルリ・オーブ(京都) 2006年 「MOTアニュアル2006 No Border『日本画』から/『日本画』へ」東京都現代美術館(東京) 「美術館ワンダーランド 夏の思いで 今を生きる」豊科近代美術館(長野) 「第3回東山魁夷記念日経日本画大賞展」ニューオータニ美術館(東京) 2007年 「日本画滅亡論」中京大学 C・スクエア(愛知) 「平成17-18年度文化庁買上優秀美術作品披露展」日本藝術院会館(東京) 2008年 「所蔵作品展 近代日本の美術」東京国立近代美術館(東京) 「富士山 近代に展開した日本の象徴」山梨県立美術館(山梨) 「第4回トリエンナーレ豊橋 星野眞吾賞展」豊橋市美術博物館(愛知) 「大原美術館展 珠玉の東西名画コレクション」金沢21世紀美術館(石川) 「形・意・質・韻-東アジア現代水墨画展」台北市立美術館(台北/台湾) 「第6回インクペインティングビエンナーレ」深圳画院(深圳/中国) 2009年 「現代の水墨画2009 水墨画表現の現在地点」富山県水墨美術館(富山)/練馬区立美術館(東京) 「VOCA 2009-新しい平面の作家たち-」上野の森美術館(東京) 「Kami:静と動-現代日本の美術」ザクセン州立美術館(ドレスデン/ドイツ) 2010年 「山本冬彦コレクション展~サラリーマンコレクター30年の軌跡~」佐藤美術館(東京) 「第一生命ギャラリー所蔵作品展Ⅰ-VOCA展2007年~2009年受賞作品-」第一生命ギャラリー(東京) 2011年 「桃源万歳!-東アジア理想郷の系譜-」岡崎市美術博物館(愛知) 「ZIPANGU展-31人の気鋭作家が切り拓く、現代日本のアートシーン。」日本橋髙島屋(東京)/ 大阪髙島屋(大阪)/京都髙島屋(京都) 「所蔵作品展-近代日本の美術-」東京国立近代美術館(東京) 「会津・漆の芸術祭2011 ~東北へのエール~」会津若松市/喜多方市(福島) 「奈良・町家の芸術祭 HANARART」(奈良) 「現代絵画の展望 24の時の瞳」旧新橋停車場 鉄道歴史展示室(東京) 2012年 「New Contemporaries」京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA(京都) 2012年~2013年 「ジパング展 沸騰する日本の現代アート」新潟県立万代島美術館(新潟)、高崎市美術館(群馬)、 八戸市美術館(青森)、秋田県立近代美術館(秋田) 2013年 「Ohara Contemporary」大原美術館(岡山) 2014年 「岡倉天心没後100年記念展 天心の思い描いたもの-ぼかしの彼方へ」茨城県立近代美術館(茨城) コレクション 豊橋市美術博物館、文化庁、横浜美術館(寄託)、大原美術館、佐藤美術館、 第一生命保険株式会社、関西文化芸術学院、ザクセン州立美術館(ドレスデン/ドイツ)、 東京都現代美術館(寄託)、ベネトン財団

スピーカーについて

 西田彩乃 (にしだ・あやの)  奈良県立万葉文化館 学芸員  1988年 奈良県出身  2011年 愛知県立芸術大学 美術学部日本画専攻 卒業(学芸員資格取得)  2011年3月より現職 【専門分野・研究課題】  近現代日本画