美術書カタログ「defrag2」:今すぐ読みたい!書店員が本気で選んだ美術書カタログ290冊を収録

青い日記帳 

青い日記帳 

main2
丸善ジュンク堂書店が刊行した美術書カタログ「defrag2

もう入手されましたか。全国の丸善ジュンク堂書店店頭で2018年6月1日から無料で配布しています。

2013年に“書店員が本気で選んだ美術書カタログ”として刊行・無料配布された「defrag」(デフラグ)の第二弾です。

※「defrag」とは断片化した情報を最適化・再配置する、という意味を持つコンピュータ用語で、美術書の世界に生み落とされた書籍たちを、私たちなりに組み上げ、みなさまに出会いとして提供できれば、という思いを込めています。
全国の丸善ジュンク堂書店の書店員86名が選んだ美術書や写真集290タイトルが収録されています。

単なるカタログではなく、7つのカテゴリーに分け紹介されています。

1:知識と思い
2:素材の再評価
3:日々の暮らし
4:拡がるフィールド
5:熱いエネルギー
6:多様な創造者
7:自然との関わり


sub2

この他にも書店員さんによるコラムや「美術書を売るということ」と題した鼎談も収録。Amazonなどネットで本を購入する機会が増えた昨今、書店の果たす役割から、昨年最も売れた美術書など多彩なお話が展開されています。

誌面だけではもったいないので、是非丸善ジュンク堂さんでリアルなトークイベントとして開催して欲しいものです。

また、前回の「defrag」同様に、それぞれ本の紹介文に深い愛情を感じます。しっかり読んでそして推しているからこそ心に響くのです。

それにしても290冊も紹介されていると、全くノーチェックだった本がぞろぞろあります。各章から一冊ずつ個人的に今すぐ読みたい!ものを紹介しておきますね。

1:知識と思い

アート・パワー Art Power Boris Groys
ボリス・グロイス(著), 石田 圭子(翻訳), 齋木 克裕(翻訳), 三本松 倫代(翻訳), 角尾 宣信(翻訳)


2:素材の再評価
ミャオ族の刺繍とデザイン
苗族刺繍博物館 (著)


3:日々の暮らし

ホスピタルギャラリー
板東 孝明 (著), 深澤 直人(著), 香川 征(著)


4:拡がるフィールド

奇界遺産
佐藤健寿(著)


5:熱いエネルギー
描かれた病:疾病および芸術としての医学挿画
リチャード・バーネット(著), 中里京子(翻訳)


6:多様な創造者

デーモンの画家 ミハイル・ヴルーベリ:その生涯と19 世紀末ロシア
植田 樹(著)


7:自然との関わり


水の生きもの
ランバロス・ジャー(著), 市川 恵里(翻訳)

出版社の紹介文ではなく、書店員さんの生の声、感覚ににより紹介されているのが、美術書カタログ「defrag2」の一番の魅力です。

是非手に取って読んでみて下さい。

main
「defrag2」について

・判型/ページ数:A5 / 80ページ
・収録タイトル数:290
・協力出版社数:99社
・選書した書店員の人数:55店舗86名
・配布開始日:2018年6月1日(金)
・配布終了日:各店なくなり次第、配布終了
・配布場所:全国の丸善ジュンク堂書店店頭(文具専門店を除く)

https://www.maruzenjunkudo.co.jp/

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為は法律で禁止されています。

青い日記帳 

Tak(タケ)/「青い日記帳」主宰。展覧会レビューをはじめ、幅広いアート情報を毎日発信。goo「いまトピ」、JR東日本「びゅうたび」、「朝日マリオンコム」、「楽活」などにコラムを連載。『カフェのある美術館 素敵な時間をたのしむ』(世界文化社)、『フェルメールへの招待』(朝日新聞出版)、『美術館の手帖』(小学館)など執筆・編集。『文藝春秋』書評寄稿など、各種講演・執筆活動など、幅広く活躍中。8月には新書刊行予定。