【閲覧注意】「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2017」フォトレポート

鈴木大輔

鈴木大輔

TOILETPAPER Maurizio Cattelan & Pierpaolo Ferrari 「Love is More」

【閲覧注意】「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2017」フォトレポートには、性的、暴力的な作品も含まれます。

展覧会概要はフォトレポートの下につづきます。

「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2017」フォトレポート

 

KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2017

KYOTOGRAPHIEは「LOVE」をテーマに、記念すべき第5回を開催いたします。
私たちが「愛」と呼ぶ感覚や概念は、宗教観、歴史観、地域性、生活環境など、個々のバックグラウンドによりそれぞれ異なります。しかしその差異や軋轢が、時に愛を憎悪へと反転させ、時に無関心という愛の大きな欠如となり、社会的弱者へのいわれのない暴力など、現代社会が抱える深刻な事態へと発展することもあります。だからこそ人類は、愛がいかに偉大で不可欠なものであるかを知り、いわば本能的に多種多様な愛を求めてしまうのかもしれません。
私たちは「愛する」ことは、自分以外の存在を認め、つながることだと考えます。愛することによって、他者とつながり、社会とつながり、自然とつながり、芸術とつながり、そして自分とつながる。そうしていけば、いつか世界は平和になると信じています。
写真を通じて「愛」を共有すること、これが私たちのフェスティバルで実現させたい変わらぬ夢です。

KYOTOGRAPHIE 共同創設者/共同代表 ルシール・レイボーズ & 仲西 祐介

 

会 場:二条城二の丸御殿台所・東南隅櫓、両足院、誉田屋源兵衛 竹院の間 ほか
会 期:2017年4月15日(土)~5月14日(日)
パスポート一般:3,000円、学生:2,000円
プログラム:
・フランス国立ギメ東洋美術館・写真コレクション「Theater of Love」
・ーノルド・ニューマン「マスタークラス -ポートレートの巨匠- presented by BMW 特別展示:BMW アート・カー by
アンディ・ウォ-ホル」
・「MEMENTO MORI ロバート メイプルソープ写真展 ピーター マリーノ コレクション presented by CHANEL NEXUS HALL」
・荒木経惟「机上の愛 supported by shu uemura」ほか計16のメインプログラム
主 催:一般社団法人KYOTOGRAPHIE
共 催:京都市,京都市教育委員会
URL:http://www.kyotographie.jp

 

鈴木大輔

ARTLOGUE(株式会社アートローグ、一般社団法人 WORLD ART DIALOGUE) 代表取締役CEO/編集長。大阪市立大学都市研究プラザのグローバルCOEに於ける研究プロジェクトを経て起業。2014 年グッドデザイン賞受賞、2015 年度 京都大学GTEP プログラム(文科省)ファイナリスト、2016 年ミライノピッチ(ビジネスコンテスト:総務省近畿総合通信局)においてグローバルイノベーションに値するOIH 賞を受賞。(公財)京都高度技術研究所の「京都ビジネスデザインスクール」TA。文化経済学会、デジタルアーカイブ学会所属。アートを利活用し、より良い社会の実現を目指すアートイノベーター。