ARTLOGUE 東京都展覧会 千代田区展覧会 丸の内展覧会
唐三彩 ― シルクロードの至宝 ― ARTLOGUE 編集部 ARTLOGUE 編集部    更新日: 2019.04.19

EXHIBITION / 展覧会

千代田区

唐三彩 ― シルクロードの至宝 ―

出光美術館| 2019.6.22(土) 〜 8.25(日)

  • 普通

口コミ(0件)


概要

20世紀初頭の中国で鉄道敷設工事中に偶然発見され、その存在が知られるようになった唐三彩。その名の通り、唐時代(618-907)に緑釉・褐釉・白釉(透明釉)という三色、あるいは、コバルトを用いた藍釉を加えた多彩な鉛釉をかけ分けて華麗な装飾をほどこした多色釉陶器である三彩は、またたく間に世界のコレクターを魅了し、今では中国陶磁を代表する存在となっています。

この時代はシルクロードを通した東西交流が盛んな時代でもありました。砂漠の貿易商人である胡人(ソグド人)や長距離交易の際の乗り物であったラクダといった異国情緒たっぷりな人物や動物、さらには西方伝来の様々なうつわ類を再現した唐三彩は、国際色溢れる当時の状況や雰囲気を私たちに教えてくれます。また、王侯貴族の葬礼を彩り、墳墓を飾り、来世で用いるために制作され、埋納された唐三彩は、当時の陶芸技術の粋をあつめた芸術品でもありました。つまリ、シルクロードの文化交流を体現した唐時代を代表する、まさに至宝と呼ぶにふさわしい作品なのです。

同館では、2009(平成21)年開催の「中国の陶俑(とうよう)」展以来10年ぶりに、出光コレクションの唐三彩が、一堂に展観されます。さらに、中国の周辺、北部草原地帯に王朝を建設した契丹(きったん)族の遼(りょう)と、西方のペルシア地方に誕生した独特の三彩(遼三彩とペルシア三彩)、および、唐の滅亡後におこった歴代の王朝(金~清時代)において、制作の伝統が守られながらも、新たに発展してきた多種多様な三彩スタイルの陶磁器も紹介されます。

口コミ(0)

人気ランキング 展覧会(全国)

未来と芸術展

東京都 美術館・博物館

森美術館

2019.11.19(火) 〜 2020.3.29(日)

大浮世絵展

東京都 美術館・博物館

江戸東京博物館

2019.11.19(火) 〜 2020.1.19(日)

富野由悠季の世界

兵庫県 美術館・博物館

兵庫県立美術館 - 「芸術の館」 -

2019.10.12(土) 〜 12.22(日)

柔らかな版:タイラーグラフィックス・アーカイブコレクション展Vol.32

福島県 美術館・博物館

CCGA現代グラフィックアートセンター

2019.9.14(土) 〜 12.22(日)

窓展

東京都 美術館・博物館

東京国立近代美術館

2019.11.1(金) 〜 2020.2.2(日)

入江明日香 ― 心より心に伝ふる花なれば ―

茨城県 美術館・博物館

茨城県天心記念五浦美術館

写実絵画のいまむかし

茨城県 美術館・博物館

笠間日動美術館

あなたのデスクトップにアートのインスピレーションを

ARTS WALLは、常にアートからの知的な刺激を受けたい方や、最新のアートに接したい方に、ARTLOGUEのコラムや、美術館やギャラリーで今まさに開催中の展覧会から厳選したアート作品を毎日、壁紙として届けます。 壁紙は、アプリ経由で自動で更新。