ARTLOGUE 東京都美術館・博物館 新宿区美術館・博物館 新宿美術館・博物館

美術館・博物館

中村屋サロン美術館

概要

創業者の相馬愛蔵・黒光夫妻は1901(明治34)年、本郷でパン屋「中村屋」を創業しました。そして1909(明治42)年には、新宿の現在の地に本店を移転します。相馬夫妻は芸術に深い造詣を有していたことから、中村屋には多くの芸術家、文人、演劇人が出入りするようになりました。それが「中村屋サロン」のはじまりです。長野県安曇野市出身の作家 臼井吉見が、激動の明治から昭和を描いた全5巻からなる長編小説『安曇野』を上梓したのは昭和40年代、その話の中心には相馬夫妻がありました。臼井は各地での講演活動の中で、中村屋に多くの芸術家が集い、文人が出入りした様を「まるでヨーロッパのサロンのようだった」と表現します。ここに端を発して、いつの間にか「中村屋サロン」という言葉が生まれました。中村屋サロンの中心人物は荻原守衛(碌山)でした。荻原は愛蔵と同郷で、黒光が嫁入りの際に持参した長尾杢太郎《亀戸風景》(油絵)ではじめて油絵を知り、画家を志します。海外に渡り彫刻家に転向した荻原が帰国したのは1908(明治41)年。帰国後は新宿角筈にアトリエを設け、中村屋に足しげく通います。彼を慕って多くの芸術家が中村屋に出入りするようになり、中村屋は彼らの交流の場になっていきました。残念なことに、荻原は1910(明治43)年に30歳の若さで亡くなります。その後、中村屋サロンの中心人物となったのが中村彝でした。彝は一時、中村屋裏にあるアトリエで生活し、彼のもとにも多くの芸術家が訪れました。その他、書家・美術史家の會津八一や女優の松井須磨子、劇作家の秋田雨雀、インド独立運動の志士 ラス・ビハリ・ボースなど、多彩な人々が中村屋と関わりを持ちます。これらの顔ぶれを見ると、明治の終わりから大正、昭和初期にかけて、中村屋に集った多くの人々が日本の近代芸術・文化に影響を与えたことが分かります。今日になって振り返ると、それは近代日本における大きな芸術の流れの1つであり、「中村屋サロン」はその舞台となったのです。

※ 情報は取得時のものです。お出かけの際にはオフィシャルサイトにて情報のご確認をお願いいたします。
情報に誤りを発見された場合、ご連絡をお願いいたします。>> お問い合わせフォーム

※ 情報は取得時のものです。お出かけの際にはオフィシャルサイトにて情報のご確認をお願いいたします。
情報に誤りを発見された場合、ご連絡をお願いいたします。>> お問い合わせフォーム

写真記事

グルメホテル

クーポンお得情報

マップ天気

中村屋サロン美術館 - 住所および地図

〒160-0022 東京都 新宿区 新宿3-26-13
ARTLOGUE 東京都美術館・博物館 新宿区美術館・博物館 新宿美術館・博物館
このページに関するタグ

    タグが見つかりませんでした。

あなたのデスクトップにアートのインスピレーションを

ARTS WALLは、常にアートからの知的な刺激を受けたい方や、最新のアートに接したい方に、ARTLOGUEのコラムや、美術館やギャラリーで今まさに開催中の展覧会から厳選したアート作品を毎日、壁紙として届けます。 壁紙は、アプリ経由で自動で更新。