ARTLOGUE 兵庫県展覧会 神戸市中央区展覧会 脇浜海岸通展覧会

展覧会

Oh !マツリ☆ゴト 昭和・平成のヒーロー & ピーポー

兵庫県立美術館 | 2019.1.12(土) 〜 3.17(日)

会田誠《一人デモマシーン(サラリーマン反対)》2005 年 Courtesy Mizuma Art Gallery:「Oh !マツリ☆ゴト 昭和・平成のヒーロー & ピーポー」兵庫県立美術館

概要

20世紀のはじめから現代へと至る日本の美術作家の表現には、社会的な関心が色濃く表れたものも少なくありません。本展はそうした傾向を示す作品の中でも、特別な存在(ヒーロー、カリスマ、正義の味方)と無名の人々(公衆、民衆、群集)という対照的な人間のありかたに注目するものです。とりわけ大衆とも呼ばれる後者の存在は、どのようにその存在を可視化するのか、そしてどのようにして彼らとの間に連帯を築くことができるのかという切実な問いを表現者に投げかけてきました。ひとびとの集団=本展でピーポーと仮に呼ぶ存在が、立場や考え方によっていくらでも変化し、わかれていくものであるという事実は、その姿をとらえがたいものにもするでしょう。同展で注目する特別な存在=「ヒーロー」は、「ピーポー」が直面する困難やその願いを映し出す鏡としての、あるいはその存在に姿を与える触媒としての役割を担っています。

このような問題意識のもとに、同展では「ヒーロー」や「ピーポー」とは何かという問いに応えようとしてきた昭和と平成の時代に生まれた作品を5つのテーマに沿って見ていきます。さらにこれらのテーマとは別に、同時代の表現者による最新の実践もご紹介します。

同展では「美術」の領域にはおさまらない様々な大衆的メディア(紙芝居、漫画やアニメ、特撮など)を取り上げます。これは「美術」表現もまた、私たちの毎日の暮らしと地続きのものであることを示したかったからです。そして、現在活躍中の作家のみなさんの最新作を全国各地の美術館のコレクションとともにご紹介することで、過去とのつながりの中から現在と未来とが生まれることを改めて確かめたいと思います。

阿部合成《見送る人々》1938 年 兵庫県立美術館:「Oh !マツリ☆ゴト 昭和・平成のヒーロー & ピーポー」兵庫県立美術館 柳幸典《バンザイ・コーナー》1991 年 横浜美術館 ©YANAGI STUDIO:「Oh !マツリ☆ゴト 昭和・平成のヒーロー & ピーポー」兵庫県立美術館 鈴木一郎作、永松武雄(健夫)画『黄金バット』1931 年頃 個人蔵:「Oh !マツリ☆ゴト 昭和・平成のヒーロー & ピーポー」兵庫県立美術館 平田実《「反戦のための万国博」における万博破壊共闘派のためのパフォーマンス 大阪城公園》1969/2018年©Minoru Hirata / Courtesy of Taka Ishii Gallery Photography / Film:「Oh !マツリ☆ゴト 昭和・平成のヒーロー & ピーポー」兵庫県立美術館 タイガー立石[ 立石紘一]《哀愁列車》1964 年 高松市美術館 ©Tiger Tateishi Courtesy of YAMAMOTO GENDAI:「Oh !マツリ☆ゴト 昭和・平成のヒーロー & ピーポー」兵庫県立美術館 Chim↑Pom《BLACK OF DEATH 2013》 2013 年 東京国立近代美術館 ©Chim↑Pom Photo courtesy of the artist and MUJIN-TO Production:「Oh !マツリ☆ゴト 昭和・平成のヒーロー & ピーポー」兵庫県立美術館 鶴田吾郎《神兵 パレンバンに降下す》1942年 東京国立近代美術館(無期限貸与):「Oh !マツリ☆ゴト 昭和・平成のヒーロー & ピーポー」兵庫県立美術館 中村宏《四世同堂》1957 年 宮城県美術館:「Oh !マツリ☆ゴト 昭和・平成のヒーロー & ピーポー」兵庫県立美術館 赤瀬川原平《警察バンザイ》1971 年 個人蔵 ©1971 Akasegawa Genpei 協力:SCAI THE BATHHOUSE:「Oh !マツリ☆ゴト 昭和・平成のヒーロー & ピーポー」兵庫県立美術館 『月光仮面』1958 年 © 川内康範/宣弘社:「Oh !マツリ☆ゴト 昭和・平成のヒーロー & ピーポー」兵庫県立美術館 『ウルトラマン』1966 年 © 円谷プロ:「Oh !マツリ☆ゴト 昭和・平成のヒーロー & ピーポー」兵庫県立美術館 石川竜一《MITSUGU》2018 年 作家蔵:「Oh !マツリ☆ゴト 昭和・平成のヒーロー & ピーポー」兵庫県立美術館 しりあがり寿《地球防衛家のヒトビト》2018 年:「Oh !マツリ☆ゴト 昭和・平成のヒーロー & ピーポー」兵庫県立美術館 柳瀬安里《線を引く》2015-2016 年:「Oh !マツリ☆ゴト 昭和・平成のヒーロー & ピーポー」兵庫県立美術館 『ゴジラ』(1954) TM & ©1954 TOHO CO., LTD.:「Oh !マツリ☆ゴト 昭和・平成のヒーロー & ピーポー」兵庫県立美術館
「Oh !マツリ☆ゴト 昭和・平成のヒーロー & ピーポー」フォトギャラリー
※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為は法律で禁止されています。
 

開催概要
----------------------------------------------------------
会    期:2019年1月12日(土)~3月17日(日)
会    場:兵庫県立美術館
時 間:10:00~18:00
*金・土曜日は20:00まで
*入場は閉館30分前まで
休 館:月曜日、1月15日(火)・2月12日(火)
*ただし1月14日(月・祝)と2月11日(月・祝)は開館
料 金:一般1,300円、大学生900円、70歳以上650円、高校生以下無料
*障がいのある方(70歳以上を除く)は当日料金の半額、その介護の方1 名は無料
*大学生、70歳以上の当日券の購入および障がい者割引の適用には証明が必要。割引を受けられる方は、会期中に美術館窓口で入場券をお買い求めください。
*金額はいずれも消費税込
URL:https://www.artm.pref.hyogo.jp/exhibition/t_1901/index.html

■関連イベント
◯映画上映会
展覧会の内容と関連する『ゴジラ』(1954年)などの上映会を実施します。
日 時:タイムスケジュールは上記「URL」よりご確認ください。 
会 場:ミュージアムホール
料 金:1,000円(各展覧会チケットまたは半券により500円に割引)
定 員:250名
*各タイトルごとの入れ替え制
*映画観覧券は兵庫県立美術館1階のチケットカウンターにてお求め下さい。
*開場は上映開始時間の30分前(予定)

◯DVD 上映会
展覧会の内容と関連する『ウルトラマン』などのテレビ番組の DVD 上映会を実施します。
日 時:3月15日(金)、16日(土)、17日(日)
*タイムスケジュールは上記「URL」よりご確認ください。 
会 場:レクチャールーム
料 金:無料
*要展覧会観覧券または半券
定 員 :100名

◯学芸員による解説会
企画担当学芸員が展覧会の見所を解説します。
講 師:小林公(兵庫県立美術館学芸員)
日 時:1月14日(月・祝)、2月17日(日)
*いずれも14:00~(約90分)
会 場:レクチャールーム
料 金:無料
*要観覧券
定 員 :100名

◯ボランティアによる解説
兵庫県立美術館ミュージアムボランティアが展覧会の見所を簡潔に紹介します。
講 師:兵庫県立美術館 ミュージアムボランティア
日 時:毎週日曜日11:00~( 約15分)
会 場:レクチャールーム
料 金:無料
定 員:100名

◯こどものイベント「『ふきだし』つけちゃおう!」
日 時:1月26日(土)13:00~15:30
会 場:アトリエ2、企画展示室内
対象:小学生~高校生
*小学校2年生以下は保護者同伴必要
定 員:こども30名
料 金:500円(保護者の方は観覧料1,100円(団体料金)が必要)
申 込:12月26日(水)10:00より電話受付開始・先着順(TEL 078-262-0908)

※ 情報は取得時のものです。お出かけの際にはオフィシャルサイトにて情報のご確認をお願いいたします。
情報に誤りを発見された場合、ご連絡をお願いいたします。>> お問い合わせフォーム

※ 情報は取得時のものです。お出かけの際にはオフィシャルサイトにて情報のご確認をお願いいたします。
情報に誤りを発見された場合、ご連絡をお願いいたします。>> お問い合わせフォーム

写真記事

ホテル

クーポンお得情報

兵庫県立美術館 - 住所および地図

〒651-0073 兵庫県 神戸市 中央区脇浜海岸通1丁目1−1
ARTLOGUE 兵庫県展覧会 神戸市中央区展覧会 脇浜海岸通展覧会
このページに関するタグ
関連する記事

あなたのデスクトップにアートのインスピレーションを

ARTS WALLは、常にアートからの知的な刺激を受けたい方や、最新のアートに接したい方に、ARTLOGUEのコラムや、美術館やギャラリーで今まさに開催中の展覧会から厳選したアート作品を毎日、壁紙として届けます。 壁紙は、アプリ経由で自動で更新。