アート&デザインの大茶会

『おおいた大茶会』をテーマに開催される第33回国民文化祭・おおいた2018、第18回全国障害者芸術・文化祭おお […]

/ 2018年5月24日

交わるいと「あいだ」をひらく術として

『交わるいと 「あいだ」をひらく術として』は、広島・広島市現代美術館で開催される展覧会。

同展では、伝統工芸から現代美術、デザインまで糸や布、繊維を素材にした作品を紹介。会場では16組の作家が2組で1つの展示空間を構成する。タイトルの「いと」は素材としての「糸」と、作家の「意図」を表しているという。

参加作家には、上原美智子、上前智祐、呉夏枝、加賀城健、北村武資、熊井恭子、鈴田滋人、須藤玲子、関島寿子、高木秋子、ヌイ・プロジェクト、平野薫、福本繁樹、福本潮子、堀内紀子、宮田彩加が名を連ねる。

/ 2018年2月3日

素材と対話するアートとデザイン Art and Design, dialogue with materials

アーティストは創作の過程において、目指す表現や技術を発揮できるよう素材を選んできました。また、デザインのプロセスにおいても素材の選択は重要な要素であり、素材の選択には耐久性、適応性、コストが問われ、素材と加工技術の組み合わせで新しい価値が生まれます。モノを創作することにおいて素材と向き合い対話することは不可欠なものです。 本展では、木や金属から新素材まで、素材とその変容をテーマとした4つのセクションを通して、素材の魅力と素材に触発されて生まれるアートとデザインを紹介します。アルミ、木材、ガラスなど素材の魅力を生かした建築である、この富山県美術館で、素材との対話を通じたアートとデザインとの出会いを創出します。                   
※併設開催:国際北陸工芸サミット「ワールド工芸100選」展(主催:富山県)

/ 2017年11月18日