ARTLOGUE 兵庫県展覧会 神戸市中央区展覧会 脇浜海岸通展覧会
《フリデリク・ショパンの肖像》 アリ・シェフェール、1847年、油彩、カンヴァス credit:Dordrechts Museum ARTLOGUE 編集部 ARTLOGUE 編集部    更新日: 2019.06.21

EXHIBITION / 展覧会

神戸市中央区

ショパン ― 200年の肖像

兵庫県立美術館 - 「芸術の館」 -| 2019.10.12(土) 〜 11.24(日)

  • 普通

口コミ(0件)


概要

今も世界中で愛され続ける、ポーランド出身の作曲家フリデリク*・ショパン(1810-1849)は、日本人にとっても、その心を引きつけてやまない特別な音楽家です。繊細な曲調やピアノ曲を多く作曲したことから、“ピアノの詩人”と呼ばれています。

同展では、多彩な美術作品や資料を通じ、ショパンの音楽と生涯を主軸に、生誕後約200年にわたるショパン像をご紹介します。ポーランドの国立フリデリク・ショパン研究所の全面的な協力を得て、企画、実施するものです。

展示品は、国立フリデリク・ショパン研究所**が運営するフリデリク・ショパン博物館から出展の美術作品や資料を中心に、ワルシャワ国立博物館やオランダ・ドルトレヒト美術館の作品など国内外から、自筆の楽譜や手紙、油彩画、版画、ポスター、彫刻、書籍など約250点を展観します。 

日本とポーランドの国交樹立100周年を記念して催される「ショパン-200年の肖像」展に是非足をお運びください。

* 同展では、ショパンの洗礼名をアルファベットではポーランド語のまま「Fryderyk」とし、カナ表記では原語の発音により近い「フリデリク」を用いています。
** 国立フリデリク・ショパン研究所:ショパンの遺品・権利などを一括して管理し、研究、出版、音楽会、普及活動、フリデリク・ショパン博物館の運営、ショパン国際ピアノコンクールの開催などを行っています。

《「エチュード ヘ長調 作品10の8」自筆譜(製版用)》 フリデリク・ショパン、1833年以前、インク、紙 Photo:The Fryderyk Chopin Institute《自筆の手紙 ー パリのヴォイチェフ・グジマワ宛て(エディンバラ、1848年10月3日)》 フリデリク・ショパン、1848年、インク、紙 Photo:The Fryderyk Chopin Institute《ヴェジブノからのポーランド軍部隊の帰還》 マルチン・ザレスキ、1831年、油彩、カンヴァス ©Ligier Piotr/Muzeum Narodowe w Warszawie《ショパン所蔵のベル。中国趣味の布袋像》 作者不詳、19世紀、ブロンズ photo:The Fryderyk Chopin Institute
「ショパン ― 200年の肖像」フォトギャラリー

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為は法律で禁止されています。
 

開催概要
----------------------------------------------------------
会    期:2019年10月12日(土)~11月24日(日)
会    場:兵庫県立美術館 ギャラリー棟

口コミ(0)

人気ランキング 展覧会(全国)

入江明日香 ― 心より心に伝ふる花なれば ―

茨城県 美術館・博物館

茨城県天心記念五浦美術館

写実絵画のいまむかし

茨城県 美術館・博物館

笠間日動美術館

TeNQ5周年×絵本「はらぺこあおむし」誕生50周年記念 『エリック・カールと宙(そら) 展』

美術館・博物館

宇宙ミュージアム TeNQ(テンキュー)

太田喜二郎と藤井厚二

東京都 美術館・博物館

目黒区美術館

6月県博(けんぱく)デー

栃木県 美術館・博物館

栃木県立博物館

館蔵 夏の優品展「動物のかたち」

美術館・博物館

五島美術館

あなたのデスクトップにアートのインスピレーションを

ARTS WALLは、常にアートからの知的な刺激を受けたい方や、最新のアートに接したい方に、ARTLOGUEのコラムや、美術館やギャラリーで今まさに開催中の展覧会から厳選したアート作品を毎日、壁紙として届けます。 壁紙は、アプリ経由で自動で更新。