ARTLOGUE 東京都展覧会 台東区展覧会 上野公園展覧会
伊庭靖子展 まなざしのあわい Yasuko Iba, A Way of Seeing ARTLOGUE 編集部 ARTLOGUE 編集部    更新日: 2019.05.09

EXHIBITION / 展覧会

台東区

伊庭靖子展 まなざしのあわい
Yasuko Iba, A Way of Seeing

東京都美術館| 2019.7.20(土) 〜 10.9(水)

  • 普通

口コミ(0件)


概要

画家の眼とモティーフのあわいにある世界に魅せられた伊庭靖子(1967-)は、触れたくなるようなモティーフの質感やそれがまとう光を描くことで、その景色を表現し続けてきました。自ら撮影した写真をもとに制作するスタイルは変わりませんが、近年、それまで接近していたモティーフとの距離が少しずつ広がってきました。空間や風景といったものへの関心が高まり、まわりの風景が広がることで、伊庭の絵画は新たな展開を見せています。

同展覧会では、東京都美術館で撮影した写真をもとにした絵画をはじめ、版画、さらに新たな試みとして映像作品を発表する予定です。伊庭の個展は、2009 年の「伊庭靖子 ― まばゆさの在処 ―」(神奈川県立近代美術館)以来、美術館では10年ぶりの開催となります。近作・新作を中心に紹介しながら、そこに至る以前の作品も併せて展示することで、この10年の変化とともに伊庭靖子の変わらない関心の核に迫ります。

伊庭靖子、Untitled 2018-02、作家蔵(協力:MA2 Gallery)撮影:木奥惠三 Keizo Kioku伊庭靖子、Untitled 2018-01、eN arts collection 蔵、撮影:タケミアートフォトス 伊庭靖子、Untitled 2009-02、東京都現代美術館蔵 伊庭靖子、Untitled 2017-01、宮内正幸蔵、撮影:木奥惠三 Keizo Kioku、Courtesy of MISA SHIN GALLERY
「伊庭靖子展 まなざしのあわい Yasuko Iba, A Way of Seeing」フォトギャラリー
※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為は法律で禁止されています。

 
開催概要
----------------------------------------------------------
会 期:2019年7月20日(土)~10月9日(水)
会 場:東京都美術館 ギャラリーA・B・C
時 間:9:30~17:30
*金曜日は9:30~20:00
*入室は閉室の30分前まで
休 室:月曜日、8月13日(火)、9月17日(火)、9月24日(火)
*ただし、8月12日(月・休)、9月16日(月・祝)、9月23日(月・祝)は開室
料 金:一般 800(600)円/65歳以上 500円/大学生・専門学校生 400円
*( )内は20名以上の団体料金
*高校生以下無料

※料金含めその他詳細はこちらをご確認ください。

口コミ(0)

人気ランキング 展覧会(全国)

ゴッホ展

兵庫県 美術館・博物館

兵庫県立美術館 - 「芸術の館」 -

2020.1.25(土) 〜 3.29(日)

未来と芸術展

東京都 美術館・博物館

森美術館

2019.11.19(火) 〜 2020.3.29(日)

窓展

東京都 美術館・博物館

東京国立近代美術館

2019.11.1(金) 〜 2020.2.2(日)

入江明日香 ― 心より心に伝ふる花なれば ―

茨城県 美術館・博物館

茨城県天心記念五浦美術館

写実絵画のいまむかし

茨城県 美術館・博物館

笠間日動美術館

TeNQ5周年×絵本「はらぺこあおむし」誕生50周年記念 『エリック・カールと宙(そら) 展』

美術館・博物館

宇宙ミュージアム TeNQ(テンキュー)

太田喜二郎と藤井厚二

東京都 美術館・博物館

目黒区美術館

6月県博(けんぱく)デー

栃木県 美術館・博物館

栃木県立博物館

あなたのデスクトップにアートのインスピレーションを

ARTS WALLは、常にアートからの知的な刺激を受けたい方や、最新のアートに接したい方に、ARTLOGUEのコラムや、美術館やギャラリーで今まさに開催中の展覧会から厳選したアート作品を毎日、壁紙として届けます。 壁紙は、アプリ経由で自動で更新。