mainA
ARTLOGUE 神奈川県展覧会 足柄下郡箱根町展覧会 仙石原展覧会
大山エンリコイサム 「Kairosphere」 ARTLOGUE 編集部 ARTLOGUE 編集部    更新日: 2019.03.05

EXHIBITION / 展覧会

足柄下郡箱根町

大山エンリコイサム「Kairosphere」

ポーラ美術館| 2019.3.23(土) 〜 7.28(日)

  • 普通

口コミ(0件)


概要

ニューヨークを拠点に活動する大山エンリコイサムは、「クイックターン・ストラクチャー」と呼ぶ表現を用い、制作を続けるアーティストです。 「クイックターン・ストラクチャー」とは、地下鉄や都市の壁などにかかれたライティング(グラフィティ)の文字や色彩を取り除くことで見えてくる描線の型「クイックターン」を使用して画面を構築する、大山独自のスタイルです。彼は過去15年間にわたり、カンヴァスや壁、ファウンド・オブジェクト、さらにコム・デ・ギャルソンとのコラボレーション(2011年春夏パリ・コレクション)では衣服など、多様なメディアに「クイックターン・ストラクチャー」を展開してきました。 国内初の美術館での個展となる本展では、初公開となる新作の絵画《FFIGURATI #207》(2018年)を展示いたします。縦244cm、横幅914cmという過去最大の絵画作品は、15年間の制作活動で積み重ねられてきた「クイックターン・ストラクチャー」の集大成とも言えるでしょう。また、彼にとって制作の節目となった、アクリルを用いた立体作品《FFIGURATI #9》(2009年)も併せて展示することで、これまでの探究の軌跡をご覧いただけます。
 

【作家プロフィール】 大山エンリコイサム(おおやま・えんりこいさむ) 1983年、東京生まれ。慶応義塾大学卒業後、東京芸術大学大学院修了(2009年)。 エアロゾル・ライティングのヴィジュアルを翻案したモティーフ「クイックターン・ストラクチャー」をベースに壁画やペインティングを制作する。ポーラ美術振興財団在外研修員としてニューヨークにて研修(2013年)。 主な個展に「Improvised Mural」 ロンドン芸術大学チェルシー校(ロンドン、2015年)、「Windowsill」 ルミネゼロ(東京、2017年)、「Ubiquitous: Enrico Isamu ?yama」 マリアンナ・キストラー・ビーチ美術館(カンザス、2017年)、「Black」 タクロウソメヤコンテンポラリーアート(東京、2018年)など。著書に『アゲインスト・リテラシー―グラフィティ文化論』(2015年、LIXIL出版)。現在ニューヨーク在住。 【会場】 ポーラ美術館 アトリウム ギャラリー

口コミ(0)

人気ランキング 展覧会(全国)

1

数寄景/NEW VIEW 日本を継ぐ、現代アートのいま

大阪府 美術館・博物館

阪急うめだ本店

2019.6.26(水) 〜 7.8(月)

2

HANKYU アート・フェア -Neo SEED-

大阪府 美術館・博物館

阪急うめだ本店

2019.6.26(水) 〜 7.1(月)

3

MINIATURE LIFE展 ~ 田中達也 見立ての世界 ~

山口県 美術館・博物館

周南市美術博物館

2019.5.24(金) 〜 7.7(日)

4

クリムト展 ウィーンと日本 1900

東京都 美術館・博物館

東京都美術館

2019.4.23(火) 〜 7.10(水)

5

モリメール あなたも「フェルメール」になれる

大阪府 美術館・博物館

M@M(モリムラ@ミュージアム)

2019.3.15(金) 〜 6.30(日)

6

CLUB ソビエト~ソビエトを知る 音楽・映画・食の日露交流イベント~

大阪府 美術館・博物館

在大阪ロシア連邦総領事館

2019.7.27(土) 〜 27(土)

8

日本画でみる万葉集

美術館・博物館

桐蔭学園アカデミウム

2019.5.25(土) 〜 6.29(土)

9

トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプカプの美

京都府 美術館・博物館

京都国立近代美術館

2019.6.14(金) 〜 7.28(日)

春期特別展「ほとけの手―黙して大いに語る―」

京都府 美術館・博物館

佛教大学宗教文化ミュージアム

2019.5.25(土) 〜 6.30(日)

あなたのデスクトップにアートのインスピレーションを

ARTS WALLは、常にアートからの知的な刺激を受けたい方や、最新のアートに接したい方に、ARTLOGUEのコラムや、美術館やギャラリーで今まさに開催中の展覧会から厳選したアート作品を毎日、壁紙として届けます。 壁紙は、アプリ経由で自動で更新。