mainA
ARTLOGUE 東京都展覧会 品川区展覧会 北品川展覧会
ソフィ カル ポートレイト Photo:Jean-Baptiste Mondino:「ソフィ カル  ― 限局性激痛」原美術館コレクションより 原美術館 ARTLOGUE 編集部 ARTLOGUE 編集部    更新日: 2019.02.03

EXHIBITION / 展覧会

品川区

「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより

原美術館| 2019.1.5(土) 〜 3.28(木)

  • 普通

口コミ(0件)


概要

世界的に注目されるフランスの女性現代美術作家、ソフィカル。19年前に原美術館で開催し、大きな反響を呼んだソフィ カルの個展「限局性激痛」(1999-2000年)を、フルスケールでご覧いただく再現展が開催されます。

同展は日本の美術館におけるカルの初個展として開催され、会期終了後、全出品作品が原美術館のコレクションに加えられました。「限局性激痛」とは、医学用語で身体部位を襲う限局性(狭い範囲)の鋭い痛みや苦しみを意味し、カル自身の失恋体験による痛みとその治癒を、写真と文章などで作品化したものです。人生最悪の日までの出来事を最愛の人への手紙や写真で綴った第一部と、不幸話を他人に語り、代わりに相手の最も辛い経験を聞くことで、自身の心の傷を少しずつ癒していく様子を、美しい写真と刺繍で綴った第二部で構成されます。自身の人生をさらけ出し、他人の人生に向き合うカルの制作に多くの鑑賞者が心を打たれることでしょう。しかし一方で、カルの作品には常に曖昧さが漂い、全てを素直に信じることの危うさも問題にしています。

鑑賞者にさまざまな問いを投げかけるカルの作品を、この機会に是非ご覧ください。

「ソフィ カル―限局性激痛」1999-2000年 原美術館での展示風景 © Sophie Calle / ADAGP, Paris 2018 and JASPAR, Tokyo, 2018「ソフィ カル―限局性激痛」1999-2000年 原美術館での展示風景 © Sophie Calle / ADAGP, Paris 2018 and JASPAR, Tokyo, 2018「ソフィ カル―限局性激痛」1999-2000年 原美術館での展示風景 © Sophie Calle / ADAGP, Paris 2018 and JASPAR, Tokyo, 2018Sophie Calle Exquisite Pain, 1984-2003 © Sophie Calle / ADAGP, Paris 2018 and JASPAR, Tokyo, 2018Sophie Calle Exquisite Pain, 1984-2003 © Sophie Calle / ADAGP, Paris 2018 and JASPAR, Tokyo, 2018Sophie Calle Exquisite Pain, 1984-2003 © Sophie Calle / ADAGP, Paris 2018 and JASPAR, Tokyo, 2018Sophie Calle Exquisite Pain, 1984-2003 © Sophie Calle / ADAGP, Paris 2018 and JASPAR, Tokyo, 2018Sophie Calle Exquisite Pain, 1984-2003 © Sophie Calle / ADAGP, Paris 2018 and JASPAR, Tokyo, 2018Sophie Calle Exquisite Pain, 1984-2003 © Sophie Calle / ADAGP, Paris 2018 and JASPAR, Tokyo, 2018Sophie Calle Exquisite Pain, 1984-2003 © Sophie Calle / ADAGP, Paris 2018 and JASPAR, Tokyo, 2018Sophie Calle Exquisite Pain, 1984-2003 © Sophie Calle / ADAGP, Paris 2018 and JASPAR, Tokyo, 2018
「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより フォトギャラリー
※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為は法律で禁止されています。
 

開催概要
----------------------------------------------------------
会    期:2019年1月5日(土)~3月28日(木)
会    場:原美術館
時 間:11:00~17:00
*水曜日は20:00まで
*入館は閉館時刻の30分前まで
休 館:月曜日(1月14日、2月11日は開館)、1月15日、2月12日
料 金:一般1,100(1,000)円、大高生700(600)円、小中生500(400)円
*学期中の土曜日は小中高生の入館無料
*( )内は20名以上の団体割引料金

口コミ(0)

人気ランキング 展覧会(全国)

1

数寄景/NEW VIEW 日本を継ぐ、現代アートのいま

大阪府 美術館・博物館

阪急うめだ本店

2019.6.26(水) 〜 7.8(月)

2

HANKYU アート・フェア -Neo SEED-

大阪府 美術館・博物館

阪急うめだ本店

2019.6.26(水) 〜 7.1(月)

3

MINIATURE LIFE展 ~ 田中達也 見立ての世界 ~

山口県 美術館・博物館

周南市美術博物館

2019.5.24(金) 〜 7.7(日)

4

クリムト展 ウィーンと日本 1900

東京都 美術館・博物館

東京都美術館

2019.4.23(火) 〜 7.10(水)

5

モリメール あなたも「フェルメール」になれる

大阪府 美術館・博物館

M@M(モリムラ@ミュージアム)

2019.3.15(金) 〜 6.30(日)

6

CLUB ソビエト~ソビエトを知る 音楽・映画・食の日露交流イベント~

大阪府 美術館・博物館

在大阪ロシア連邦総領事館

2019.7.27(土) 〜 27(土)

8

日本画でみる万葉集

美術館・博物館

桐蔭学園アカデミウム

2019.5.25(土) 〜 6.29(土)

9

トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプカプの美

京都府 美術館・博物館

京都国立近代美術館

2019.6.14(金) 〜 7.28(日)

春期特別展「ほとけの手―黙して大いに語る―」

京都府 美術館・博物館

佛教大学宗教文化ミュージアム

2019.5.25(土) 〜 6.30(日)

あなたのデスクトップにアートのインスピレーションを

ARTS WALLは、常にアートからの知的な刺激を受けたい方や、最新のアートに接したい方に、ARTLOGUEのコラムや、美術館やギャラリーで今まさに開催中の展覧会から厳選したアート作品を毎日、壁紙として届けます。 壁紙は、アプリ経由で自動で更新。