ARTLOGUE 東京都展覧会 台東区展覧会 上野公園展覧会
「ル・コルビュジエ 絵画から建築へ――ピュリスムの時代」国立西洋美術館 ARTLOGUE 編集部 ARTLOGUE 編集部    更新日: 2018.12.27

EXHIBITION / 展覧会

台東区

ル・コルビュジエ 絵画から建築へ――ピュリスムの時代

国立西洋美術館| 2019.2.19(火) 〜 5.19(日)

  • 普通

口コミ(0件)


概要

20世紀建築の巨匠ル・コルビュジエ(1887-1965)が設計した国立西洋美術館本館は、2016年にユネスコ世界文化遺産に登録されました。開館60周年を記念して開催される本展は、若きシャルル=エドゥアール・ジャンヌレ(ル・コルビュジエの本名)が故郷のスイスを離れ、芸術の中心地パリで「ピュリスム(純粋主義)」の運動を推進した時代に焦点をあて、絵画、建築、都市計画、出版、インテリア・デザインなど多方面にわたった約10年間の活動を振り返ります。

第一次大戦の終結直後の1918年末、ジャンヌレと画家アメデ・オザンファンは、機械文明の進歩に対応した「構築と総合」の芸術を唱えるピュリスムの運動を始めました。そして、絵画制作に取り組みながら新しい建築の創造をめざしたジャンヌレは、1920年代パリの美術界の先端を行く芸術家たちとの交流から大きな糧を得て、近代建築の旗手「ル・コルビュジエ」へと生まれ変わります。

本展はル・コルビュジエと同時代の画家たちの美術作品約100点に、建築模型、出版物、映像など多数の資料を加えて構成されます。ル・コルビュジエが世に出た時代の精神を、彼自身が作り出した世界遺産建築の中で体感できる、またとない機会となるでしょう。

【出品作家】シャルル=エドゥアール・ジャンヌレ(ル・コルビュジエ)/アメデ・オザンファン/パブロ・ピカソ/ジョルジュ・ブラック/フェルナン・レジェ/フアン・グリス/アンリ・ローランス/ジャック・リプシッツ

パリ、ジャコブ通りの自宅におけるル・コルビュジエと《多数のオブジェのある静物》(部分)1923年  パリ、ル・コルビュジエ財団 ©FLC/ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2018 B0365:「ル・コルビュジエ 絵画から建築へ――ピュリスムの時代」国立西洋美術館 シャルル=エドゥアール・ジャンヌレ(ル・コルビュジエ)《多数のオブジェのある静物》1923年  油彩、カンヴァス 114×146cm パリ、ル・コルビュジエ財団  ©FLC/ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2018 B0365:「ル・コルビュジエ 絵画から建築へ――ピュリスムの時代」国立西洋美術館 ル・コルビュジエ 「エスプリ・ヌーヴォー館」(1925年) Musée des Arts Décoratifs, Paris ©MAD, Paris:「ル・コルビュジエ 絵画から建築へ――ピュリスムの時代」国立西洋美術館  シャルル=エドゥアール・ジャンヌレ(ル・コルビュジエ)《エスプリ・ヌーヴォー館の静物》1924年 油彩、カンヴァス 81×100cm パリ、ル・コルビュジエ財団  ©FLC/ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2018 B0365:「ル・コルビュジエ 絵画から建築へ――ピュリスムの時代」国立西洋美術館 シャルル=エドゥアール・ジャンヌレ(ル・コルビュジエ)《開いた本、パイプ、グラス、マッチ箱のある静物》 1918年頃 鉛筆・グアッシュ、紙 37.5×53.5cm パリ、ル・コルビュジエ財団  ©FLC/ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2018 B0365フェルナン・レジェ《サイフォン》1924年 油彩、カンヴァス 64.8×45.7cm  バッファロー、オルブライト=ノックス美術館  Collection Albright-Knox Art Gallery, Buffalo, New York. Gift of Mr. and Mrs. Gordon Bunshaft, 1977 (1977:29) Image courtesy of the Albright-Knox Art Galleryル・コルビュジエ「アメデ・オザンファンの住宅兼アトリエ」(1922-23年) Photo Charles Gérard ©FLCル・コルビュジエ「ラ・ロシュ=ジャンヌレ邸」(1923-25年) Photo Olivier Martin Gambier 2016 ©FLC ル・コルビュジエ「サヴォワ邸」(1928-31年)「ヴォワザン計画」図面の前のル・コルビュジエ 1926年 ©FLC
「ル・コルビュジエ 絵画から建築へ――ピュリスムの時代」フォトギャラリー
※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為は法律で禁止されています。
 

開催概要
----------------------------------------------------------
会    期:2019年2月19日(火)~2019年5月19日(日)
会    場:国立西洋美術館
時 間:9:30~17:30
*9:30~20:00(毎週金・土曜日)
*入館は閉館の30分前まで
休 館:月曜日、5月7日(火)
*3月25日(月)、4月29日(月)、5月6日(月)は開館
料 金:一般1,600(1,400)円、大学生1,200(1,000)円、高校生800(600)円
*( )内は前売及び20名以上の団体料金
*上記前売券は2019年2月18日(月)まで販売。ただし、国立西洋美術館では開館日のみ、2019年1月20日(日)まで販売。
*中学生以下は無料。
*心身に障害のある方および付添者1名は無料(入館の際に障害者手帳を要ご提示)

※料金他詳細についてはこちらをご確認ください。

口コミ(0)

人気ランキング 展覧会(全国)

魯山人館開館記念展  美の創造者 北大路魯山人

島根県 美術館・博物館

足立美術館

2020.4.1(水) 〜 6.30(火)

入江明日香 ― 心より心に伝ふる花なれば ―

茨城県 美術館・博物館

茨城県天心記念五浦美術館

写実絵画のいまむかし

茨城県 美術館・博物館

笠間日動美術館

TeNQ5周年×絵本「はらぺこあおむし」誕生50周年記念 『エリック・カールと宙(そら) 展』

美術館・博物館

宇宙ミュージアム TeNQ(テンキュー)

太田喜二郎と藤井厚二

東京都 美術館・博物館

目黒区美術館

6月県博(けんぱく)デー

栃木県 美術館・博物館

栃木県立博物館

館蔵 夏の優品展「動物のかたち」

美術館・博物館

五島美術館

あなたのデスクトップにアートのインスピレーションを

ARTS WALLは、常にアートからの知的な刺激を受けたい方や、最新のアートに接したい方に、ARTLOGUEのコラムや、美術館やギャラリーで今まさに開催中の展覧会から厳選したアート作品を毎日、壁紙として届けます。 壁紙は、アプリ経由で自動で更新。