ARTLOGUE 京都府展覧会 京都市東山区展覧会 茶屋町展覧会

展覧会

特別展「国宝 一遍聖絵と時宗の名宝」

京都国立博物館 平成知新館 | 2019.4.13(土) 〜 6.9(日)
カレンダーに登録

特別展「国宝 一遍聖絵と時宗の名宝」

概要

踊り念仏で知られる時宗(じしゅう)は、宗祖一遍(しゅうそいっぺん)(1239~89)が鎌倉時代に開いた宗派です。一遍は念仏をとなえることで誰もが往生をとげられると説き、全国を行脚(遊行)して、念仏札を配り(賦算)、布教につとめました。この時宗を教団として整備し、大きく発展させたのが二祖(にそ)の真教(しんきょう)(1237~1319)でした。2019年に真教の七百年遠忌(おんき)を迎えるのを記念して、時宗の名宝を一堂に会する展覧会を開催いたします。

本展では、全国各地を遍歴した一遍の生涯を描いた国宝「一遍聖絵」(いっぺんひじりえ)(清浄光寺(遊行寺)蔵)をはじめ、真教の足跡もつづられた「遊行上人縁起絵」(ゆぎょうしょうにんえんぎえ)、一遍や真教ら歴代祖師(そし)の肖像画や肖像彫刻など、時宗の名宝の全貌をご紹介いたします。なかでも、日本を代表する絵巻であり、中世の歴史を語る上でも重要な作品である「一遍聖絵」については、12巻全巻を公開します。

また、展覧会の事前調査によって発見された作品など、新たな研究成果もあわせてご覧いただきます。

※ 情報は取得時のものです。お出かけの際にはオフィシャルサイトにて情報のご確認をお願いいたします。
情報に誤りを発見された場合、ご連絡をお願いいたします。>> お問い合わせフォーム

※ 情報は取得時のものです。お出かけの際にはオフィシャルサイトにて情報のご確認をお願いいたします。
情報に誤りを発見された場合、ご連絡をお願いいたします。>> お問い合わせフォーム

写真記事

グルメ

京都国立博物館 平成知新館 - 住所および地図

〒605-0931 京都府 京都市 東山区茶屋町527
ARTLOGUE 京都府展覧会 京都市東山区展覧会 茶屋町展覧会
このページに関するタグ
関連する記事

あなたのデスクトップにアートのインスピレーションを

ARTS WALLは、常にアートからの知的な刺激を受けたい方や、最新のアートに接したい方に、ARTLOGUEのコラムや、美術館やギャラリーで今まさに開催中の展覧会から厳選したアート作品を毎日、壁紙として届けます。 壁紙は、アプリ経由で自動で更新。