展覧会

東方キリスト教との出会い 祈りのかたちとその拡がり

西南学院大学博物館 | 2018.7.17(火) 〜 10.20(土)

概要

今回の展覧会は、初めてビザンティン以来の東方キリスト教の伝統に光を当てています。日本においては、幕末から明治期にかけて、亜使徒聖ニコライの働きにより、日本正教会の礎が築かれました。
東方キリスト教の伝統において、イエス・キリストやマリアを描いたイコン(聖像画)が深く崇敬されています。本展覧会では、ビザンティンの聖堂装飾を代表するモザイクやフレスコによるイコンを紹介するほか、イコンを特徴づける「模写」に注目します。

※ 情報は取得時のものです。お出かけの際にはオフィシャルサイトにて情報のご確認をお願いいたします。
情報に誤りを発見された場合、ご連絡をお願いいたします。>> お問い合わせフォーム

※ 情報は取得時のものです。お出かけの際にはオフィシャルサイトにて情報のご確認をお願いいたします。
情報に誤りを発見された場合、ご連絡をお願いいたします。>> お問い合わせフォーム

写真記事

グルメホテル

クーポンお得情報

マップ天気

西南学院大学博物館 - 住所および地図

〒814-8511 福岡県 福岡市 早良区西新3-13-1
このページに関するタグ

    タグが見つかりませんでした。

あなたのデスクトップにアートのインスピレーションを

ARTS WALLは、常にアートからの知的な刺激を受けたい方や、最新のアートに接したい方に、ARTLOGUEのコラムや、美術館やギャラリーで今まさに開催中の展覧会から厳選したアート作品を毎日、壁紙として届けます。 壁紙は、アプリ経由で自動で更新。