ARTLOGUE 京都府展覧会 京都市東山区展覧会 祇園町南側展覧会

展覧会

草間彌生 永遠の南瓜 展

フォーエバー現代美術館 - 祇園・京都 - | 2018.5.3(木) 〜 2019.2.28(木)

草間彌生 永遠の南瓜 展

概要

グランドオープン記念 

フォーエバー現代美術館コレクション

草間彌生 永遠の南瓜 展

 

 

フォーエバー現代美術館 祇園・京都は、これまでの常設展示室3室と企画展示室1室に加え、新たに2室を拡張し、2018年5月3日(木・祝)にグランドオープンいたします。常設・企画展示室では、合計123点の草間彌生作品を展示公開します。

 

グランドオープンを記念して「草間彌生 永遠の南瓜展」を開催いたします。展覧会では、草間彌生の代表的なモチーフの一つとして知られる「南瓜」の作品世界を中心に紹介します。南瓜の作品は、「実際の南瓜がそれぞれ豊かな表情を持っているように、わたしの南瓜だってどれ一つとして同じではない。」と草間彌生が語るように、実に様々な形、色、素材で制作されてきました。本展ではそうした南瓜作品のヴァリエーションの世界を、南瓜をモチーフにした油彩、版画、立体インスタレーション作品35点によりご紹介します。屋外に展示された巨大なパブリックアートの「南瓜」、形、色、サイズが様々な版画作品の南瓜、ミラールームの中で増殖を繰り返す「宇宙にとどけ、水玉かぼちゃ」など、南瓜作品の永遠の変化の軌跡を見ることができ、どれ一つとして同じではない南瓜の世界をお楽しみいただけます。

他二つの企画展示室では、花の間、富士の間として、それぞれの展示室名にちなんだ草間彌生による作品モチーフで構成した企画展示をいたします。花の間では、花をモチーフにした47点の作品群を、富士の間では、草間彌生が浮世絵師とコラボレーションして制作された「七色の富士」の作品シリーズ全9点を展示公開します。

また、常設展示室では、1950年に制作された貴重な初期作から1963年の無限の網、1992年の作家の代表作「黄樹」など、28点の作品展示により、草間彌生の初期から2000年代までの作家活動の軌跡をご紹介します。 

              

■概 要

-----------------------------------------------------------

会期/2018年5月3日(木)~2019年2月28日(木)
所在地/京都府京都市東山区祇園町南側570-2
開館時間/10:00~18:00(入館は17:30まで)
休館日/年末年始
観覧料/一般 1,500円、中高生 1,000円、小学生以下無料

 

草間彌生 永遠 の南瓜 展  フォトギャラリー

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為は法律で禁止されています。

※ 情報は取得時のものです。お出かけの際にはオフィシャルサイトにて情報のご確認をお願いいたします。
情報に誤りを発見された場合、ご連絡をお願いいたします。>> お問い合わせフォーム

※ 情報は取得時のものです。お出かけの際にはオフィシャルサイトにて情報のご確認をお願いいたします。
情報に誤りを発見された場合、ご連絡をお願いいたします。>> お問い合わせフォーム

写真記事

クーポンお得情報

フォーエバー現代美術館 - 祇園・京都 - - 住所および地図

〒605-0074 京都府 京都市 東山区 祇󠄀園町南側570−2
ARTLOGUE 京都府展覧会 京都市東山区展覧会 祇園町南側展覧会
このページに関するタグ
関連する記事

あなたのデスクトップにアートのインスピレーションを

ARTS WALLは、常にアートからの知的な刺激を受けたい方や、最新のアートに接したい方に、ARTLOGUEのコラムや、美術館やギャラリーで今まさに開催中の展覧会から厳選したアート作品を毎日、壁紙として届けます。 壁紙は、アプリ経由で自動で更新。