ARTLOGUE 東京都展覧会 港区展覧会 六本木・乃木坂展覧会 赤坂展覧会

展覧会

写真都市展 -ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち-

21_21 DESIGN SIGHT | 2018.2.23(金) 〜 6.10(日)

概要

21_21 DESIGN SIGHT 企画展
写真都市展
−ウィリアム・クラインと22 世紀を生きる写真家たち−

 

21_21 DESIGN SIGHTでは2018年2月23日より、企画展「写真都市展 −ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち−」を開催します。展覧会ディレクターには、数々の著書や展覧会の企画で知られる写真評論家で美術史家の伊藤俊治を迎えます。
写真が発明されてまもなく2 世紀になろうとしています。この200年近くに生み出された写真は天文学的な数に及び、テクノロジーやネットワークの革新とともに、その表現形式や制作手法、つくり手と受け手の関係にも大きな変化がおこっています。
20世紀を代表する写真家 ウィリアム・クラインは、写真、映画、デザイン、ファッションのジャンルを超えた表現と、ニューヨーク、ローマ、モスクワ、東京、パリなどの世界の都市を捉えた作品で、現代の視覚文化に決定的な影響を与えました。
本展では、クラインの都市ヴィジョンとともに、斬新な眼差しで21 世紀の都市と人間を見つめ、従来の写真のフレームを大きく飛び越えようとする日本やアジアの写真家たちを紹介します。22世紀をも見据えた未来の写真都市の鼓動を描きだす、ヴィジュアル・コミュニケーションの新しい冒険をご覧ください。

 

■ ディレクターズ・メッセージ

写真は、もはや地球というスケールを飛び越え、新しい星のようになってしまったのではないでしょうか。星雲状になった無数の写真の群れがもう一つの惑星のように地球の周りを覆っている。写真が誕生してまもなく2 世紀が過ぎようとしていますが、この間に生み出された写真は天文学的な数に及び、特にデジタル・テクノロジーやネットワーク・メディアの革新が連鎖した20 世紀末以降、その厖ぼうだい大なイメージは今や粒子化した圏(スフィア)となり、地上のあらゆる光景を記録するもう一つの次元をつくりだしているかのようです。
この展覧会は20 世紀を代表する写真家ウィリアム・クラインの写真を出発点に、20 世紀から21 世紀へ至る都市ヴィジョンの変貌をかつてないダイナミックな写真の見せ方で提示しようとするものです。
クラインは1956年に写真集『ニューヨーク』で衝撃的なデビューを果たし、その後、ローマ、モスクワ、東京、パリ…と世界を疾走しながら次々と挑発的なイメージを放射し、また写真ばかりではなく映画、絵画、デザイン、ファッションといったジャンルを跨ぎながら現代視覚文化に決定的な影響を与えたスーパースターです。
そのエネルギッシュなクラインの写真を核に、21 世紀の都市と人間を見つめ、写真の枠を乗り越えてゆこうとする日本とアジアの若いアーティストたちの野心的な試みを対比させてみたいと思ったのが、この展覧会のきっかけです。
クラインの足跡を辿ると、その軌跡がイメージの巨大な実験場だったことがわかります。ブレボケアレ*といった画像の揺ようらん籃、タイポグラフィとイメージの劇的な新結合、都市の底知れない力を浮上させるコラージュ、壁や建築と写真の融合、ガラスの中に宙吊りにされた写真と、様々な視覚実験を繰り返してきました。今ではありふれた展開のように見えますが、当時のクラインが時代と対決しながら挑戦してきた数々の試行は、物質と非物質の狭間で大きく揺れ動くイメージの時代の今こそ、再発見しなければならないもののように思います。
亡くなった日本を代表する思想家の多木浩二さんが指摘したように、クラインの写真は「作品ではなく、“写真の概念”を示す。だから常に新しい」のです。
この展覧会に参加する日本とアジアの若いアーティストたちは、それぞれ独自の想像力と創造性を持ちながら、クラインの写真の記憶と冒険を受け継いでいるように思います。彼らの多元的な表現世界は一つ一つの生きた小惑星であり、現代のヴィジュアル・コミュニケーションの均質性を打ち破る生命力を内包しています。
クラインの『ニューヨーク』はもともとアメリカのどの出版社も引き受けてくれなかったのですが、パリのスイユ社から「ル・プティ・プラネット(小惑星)」という旅のシリーズ本を編集撮影していたあの偉大な映画監督クリス・マルケルが、この写真集を出版できなければ自分が出版社を辞めるとまで宣言し、ようやく陽の目をみることができました。
「カメラを持って都市に出ると、あらゆるものが私を興奮させる」とクラインは言いましたが、これらの小惑星の集合に秘められた22 世紀都市の瞬きや息吹きを感じながら、写真の未来に想いを馳せたいと思います。
伊藤俊治

 


* ブレボケアレ:対象の動きがブレた不鮮明な写真、ピントがボケた曖昧な写真、荒れた粒子の写真が既存の写真美学を乗り越えるために用いられた。

 

写真都市展 -ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち- フォトギャラリー

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為は法律で禁止されています。

 

※ 情報は取得時のものです。お出かけの際にはオフィシャルサイトにて情報のご確認をお願いいたします。
情報に誤りを発見された場合、ご連絡をお願いいたします。>> お問い合わせフォーム

写真記事

グルメホテル

クーポンお得情報

マップ天気

21_21 DESIGN SIGHT - 住所および地図

〒107-0052 東京都 港区赤坂9-7-6
ARTLOGUE 東京都展覧会 港区展覧会 六本木・乃木坂展覧会 赤坂展覧会
このページに関するタグ
関連する記事

あなたのデスクトップにアートのインスピレーションを

ARTS WALLは、常にアートからの知的な刺激を受けたい方や、最新のアートに接したい方に、ARTLOGUEのコラムや、美術館やギャラリーで今まさに開催中の展覧会から厳選したアート作品を毎日、壁紙として届けます。 壁紙は、アプリ経由で自動で更新。