ARTLOGUE 大分県展覧会 大分市展覧会 寿町展覧会

展覧会

20世紀の総合芸術家 イサム・ノグチ -彫刻から身体・庭へ-

大分県立美術館 | 2017.11.18(土) 〜 2018.1.21(日)

概要

イサム・ノグチのポートレイト ©The Isamu Noguchi Foundation and Garden Museum, New York / Artist Rights Society [ARS] - JASPAR. Photo by Jack Mitchell.

 

20世紀を代表する芸術家イサム・ノグチの芸術の全体像を、晩年の石による抽象彫刻を含めた約80点の国内外の優品によって紹介

 

彫刻をはじめ、舞台美術、家具、照明器具のデザイン、さらには、公園などのランドスケープ・デザインにまで、幅広い活動を展開した20世紀を代表する芸術家イサム・ノグチ(1904-1988年)。 
ノグチが目指した異文化の融合や、生活と環境の一体化は、芸術と社会のつながりを求める21世紀の先駆けともいえるでしょう。 
本展では、ノグチの芸術の全体像を、晩年の石による抽象彫刻を含めた約80点の国内外の優品によって紹介します。

 

◆開館時間/10時~19時
※金曜日・土曜日は20時まで(入場は閉館の30分前まで)
※初日11月17日(金)は11時開場
◆休展日/12月18日(月) ※コレクション展は開展
◆観覧料/一般1000円(800円)、大学・高校生500円(300円)
※( )内は前売および20名以上の団体料金
※中学生以下は無料
※大分県芸術文化友の会 びびKOTOBUKI無料(同伴者1名半額)、TAKASAGO無料、UME団体料金
※障がい者手帳等をご提示の方とその付添者1名は無料
※学生の方は入館の際、学生証をご提示ください。

【関連イベント】
◆国際シンポジウム「彫刻家イサム・ノグチの人、仕事、芸術」11月17日(金)13時30分~15時※要申込
◆レクチャーI「イサム・ノグチをめぐる戦後日本の音楽創作―武満徹(巡り―イサム・ノグチの追憶に)を起点に―」12月3日(日)14時~16時※要申込
◆レクチャーII「イサム・ノグチからはじめる環境デザイン―空間を彫刻する試み―」12月9日(土)15時~17時(※場所は大分県立芸術文化短期大学人文棟1階大講義室になります)
◆ワークショップ「ひかり と かげ。―イサム・ノグチの照明AKARIにふれる―」2018年1月20日(土)15時~17時※要申込、当日観覧券必要
◆ギャラリートーク(展示作品を学芸員と一緒に見よう)11月24日(金)、25日(土)、12月9日(土)、22日(金)、23日(土)、2018年1月13日(土)金曜16時~、土曜13時30分~(約1時間)※当日観覧券必要 

 

 

20世紀の総合芸術家 イサム・ノグチ -彫刻から身体・庭へ- フォトギャラリー

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為は法律で禁止されています。

※ 情報は取得時のものです。お出かけの際にはオフィシャルサイトにて情報のご確認をお願いいたします。
情報に誤りを発見された場合、ご連絡をお願いいたします。>> お問い合わせフォーム

※ 情報は取得時のものです。お出かけの際にはオフィシャルサイトにて情報のご確認をお願いいたします。
情報に誤りを発見された場合、ご連絡をお願いいたします。>> お問い合わせフォーム

写真記事

グルメホテル

クーポンお得情報

マップ天気

大分県立美術館 - 住所および地図

〒870-0036 大分県 大分市 寿町2丁目1
ARTLOGUE 大分県展覧会 大分市展覧会 寿町展覧会
このページに関するタグ
関連する記事

あなたのデスクトップにアートのインスピレーションを

ARTS WALLは、常にアートからの知的な刺激を受けたい方や、最新のアートに接したい方に、ARTLOGUEのコラムや、美術館やギャラリーで今まさに開催中の展覧会から厳選したアート作品を毎日、壁紙として届けます。 壁紙は、アプリ経由で自動で更新。