ARTLOGUE 編集部

ARTLOGUE 編集部

イベントを読み込み中

« すべてのイベント

  • このイベントは終了しました。

『光画』と新興写真 モダニズムの日本

3月6日 - 5月6日

中山岩太 《・・・・》1932 年 中山岩太の会蔵
中山岩太 《・・・・》1932 年 中山岩太の会蔵

 

本展は 1930 年前後に日本の写真史において盛んとなっていた新興写真に注目した展覧会です。新興写真とは、ドイツの新即物主義(ノイエザッハリヒカイト)やシュルレアリスムなどの影響をうけ、それま でのピクトリアリズム(絵画主義写真)とは異なり、カメラやレンズによる機械性を生かし、写真でしか できないような表現をめざした動向です。 『光画』とは 1932 年から 1933 年までわずか 2 年足らずしか発行されなかった写真同人雑誌です。主宰者である野島康三、同人であった木村伊兵衛、中山岩太を中心に関西(浪華写真倶楽部、芦屋カメラクラブなど)のアマチュア写真家をも巻き込み、新興写真を牽引しました。ジョン・ハートフィールド、エ ドワード・スタイケン、ウジェーヌ・アジェなど外国人作家の作品紹介から、フランツ・ロー、ラースロ ー・モホイ=ナジの論文の翻訳など、海外の情報も掲載し、第2号から同人として参加した、評論家の伊奈信男が創刊号に掲載した「写真に帰れ」は、日本近代写真史を代表する論文として知られています。 左)木村専一 〈フォトアウゲ〉より 1931 年 右)中山岩太 《・・・・》1932 年 中山岩太の会蔵 か う し た 作 品 も 藝 術 で は な い だ ら う か ? 『 新 興 写 真 研 究 1 』( 1930 年 ) よ り また 1930 年には雑誌『フォトタイムス』の編集主幹であった木村専一を中心に「新興写真研究会」が 結成され、堀野正雄、渡辺義雄などが参加しています。わずか3号ですがこの研究会の雑誌も発行されま した。今回はこの二つの雑誌に掲載された写真を中心に、新興写真に影響を与えた海外写真家の作品とその後の写真表現を展観いたします。 日本では戦後の主流となったリアリズム写真表現と相反する部分も多かったために、注目される機会 が限られていました。しかしさまざまな実験や工夫があり、その後の広告表現やリアリズム写真にも影響 を与えています。幅広い豊かな写真表現をご堪能下さい。

[ホームページより]

 

概 要

---------------------------------------------------------------------------------------
会 期:2018年3月6日(火)~5月6日(日)10:00~18:00
    ※木・金曜日は20:00まで
休館日:毎週月曜日(ただし、4月30日[月・振休]、5月1日[火]は開館)
料 金:一般 700(560)円/学生 600(480)円/中高生・65歳以上 500(400)円
    ※( )は20名以上団体、館の映画鑑賞券ご提示者、各種カード会員割引
       →(公式WEBのご利用案内をご参照ください)
    ※小学生以下、都内在住・在学の中学生は無料
    ※障害者手帳をお持ちの方とその介護者は無料
    ※第3水曜日は65歳以上無料
    ※館年間パスポートご提示者無料(同伴の方1名様まで無料)

 

『光画』と新興写真 モダニズムの日本  フォトギャラリー

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為は法律で禁止されています。

会場

東京都写真美術館 :
153-0062 東京都 目黒区三田1丁目13−3 恵比寿ガーデンプレイス内 + Google マップ
電話番号:
03-3280-0099