ARTLOGUE 編集部

ARTLOGUE 編集部

イベントを読み込み中

« All イベント

THE ドザえもん展 TOKYO 2017

eitoeiko|東京都

2017.12.02(土)- 12.23(土)  
Google カレンダーに登録

Facebook FacebookTwitterLINE LINEはてなブックマーク
THE ドザえもん展 TOKYO 2017 フライヤー1

「ドザえもん」は言葉遊びの作品。私の オリジナル 作品として、ある漫画から引用し、タイトルはカタカナと平仮名で表記しているが、元になっている言葉は「土左衛門」と漢字で表記する。江戸時代の大相撲の力士の名前であり、水で溺れて亡くなった死体が、その力士に似ていたのだという。江戸時代の言葉が現代にも生き続けているように、引用した漫画もまた、昭和から現在に至るまで、世代を超えて支持され続けている。

岡本 光博

 

■開催期間 2017 年 12 月2 日(土)~2017 年 12 月23 日(土・祝) 開廊 12 :00 ~ 19:00 会期中日月休廊

参加アーティスト
岡本 光博
1968 年京都府生まれ。滋賀大学大学院修了。主な個展に平成 26 年「マックロポップ」、平成 28 年「69」
以上 eitoeiko、平成 29 年の参加展覧会に「ラブラブショー 2」青森県立美術館、「ARTZUID」アムステルダム、
水族館劇場「廃墟のるなぱあく」(横浜寿町・横浜トリエンナーレ関連プログラム)など。

制作協力
橋本 修一(グラフィックデザイナー)

スペシャル
自由を育み、あくなき想像力をかき立てる漫画やアニメが、巨大コンテンツに回収されようとする昨今。情報の氾濫する 21 世紀社会に、可能な限りの欣慕と憧憬と恩返しをこめて、文化の浮き沈みを表現いたします。アートの社会を写す鏡としての機能をさぐる美術家、岡本光博の作品とともに、会期中にあらわれるかもしれない様々な反応も、展示の一部として公開させていただきます。
癸生川 栄 (eitoeiko 代表 )

■ 鑑賞者からのメッセージ
2000 年の「キッズアートワールドあおもり」で展示された《ドザえもん》から17 年。満を持して開催される個展が、今回の「THE ドザえもん展 TOKYO 2017」である。思えば、この間に日本の現代アートシーンは、著作権ビジネスに大きくすり寄っていった。前回の出品から、その後著作権に関わるさらなる問題提起を続ける岡本が再び「ドザ」の新作を制作してくれたことが嬉しい。さらに、この17 年の間にキャラクタービジネスも目覚しい商業偏重化を遂げた。その「権化」を再び選び、「遺体」を制作した彼はまさに皮肉や風刺を好んだ藤子・F・不二雄の後継世代といえるだろう。国民的キャラクターと、最先端の現代アートとの「真」なるコラボレーションに、多くの観客が瞠目するにちがいない。
工藤 健志(青森県立美術館総括学芸主幹)

 

THE ドザえもん展 TOKYO 2017 フォトギャラリー

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為は法律で禁止されています。
名称 THE ドザえもん展 TOKYO 2017
URL http://eitoeiko.com/
会期 2017年12月02日(土)- 12月23日(土)
会場 eitoeiko
住所 東京都新宿区矢来町32−2
電話 03-6873-3830

関連キーワード: , , , ,