ARTLOGUE 編集部

ARTLOGUE 編集部

イベントを読み込み中

« All イベント

ビデオアートの父 ナムジュン・パイク展

霧島アートの森|鹿児島県

2017.10.06(金)- 12.03(日)  
Google カレンダーに登録

Facebook FacebookTwitterLINE LINEはてなブックマーク
ボイス 1988年 コヨーテの剝製、帽子、そり、木片、モニター11台、TV キャビネット10台、映像1チャンネル、再生機1台 150×270×70㎝(コヨーテ除く)

展覧会『ビデオアートの父 ナムジュン・パイク展』が、12月3日まで鹿児島・湧水町の鹿児島県霧島アートの森で開催されている。

世界で初めてテレビとビデオを用いたアート作品を発表し、「ビデオアートの父」と呼ばれるナムジュン・パイク。1932年に韓国・ソウルで生まれたパイクは、朝鮮戦争勃発後に日本へ移住。東京大学で音楽を研究し、卒業後にドイツへ渡ってカールハインツ・シュトックハウゼンやジョン・ケージらと出会った。その後に芸術運動「フルクサス」に参加し、1963年の初個展において、世界初のビデオアート作品を発表した。その後はテレビやビデオを用いたパフォーマンス、インスタレーションをはじめとする数多くの作品を残し、2006年にアメリカで死去。

同展では、ワタリウム美術館所蔵のコレクションを軸に、ブラウン管モニターを使った立体作品、フルクサスの資料、1980年代から坂本龍一とのコラボレーションへ展開した映像作品などを展示。日本におけるメディアアートの源流を探る。さらにパイクとのコラボレーションも行なったヨーゼフ・ボイスの関連作品も紹介している。

11月5日にはエリック・サティやジョン・ケージ、坂本龍一、武満徹らの楽曲を演奏する記念コンサート『パイクをめぐる作曲家たち』が開催。展覧会の会期中には坂本龍一と和多利浩一、和多利恵津子が出演し、今年1月にDOMMUNEで放送された番組のリピート上映なども行なわれる。詳細は霧島アートの森のオフィシャルサイトで確認しよう。

 

アーティスト紹介

ナムジュン・パイク

韓国のソウルに生まれ,朝鮮戦争勃発後,戦禍を逃れて日本に移住。東京大学文学部で音楽を研究し1956年に卒業。その後,現代音楽を学ぶために渡独,カールハインツ・シュトックハウゼンやジョン・ケージといった,20世紀を代表する音楽家と出会い触発される。
1961年には,ジョージ・マチューナスと出会い国際的な芸術運動「フルクサス」に参加。初個展で世界初のビデオアートを発表し,その後もメディアやテクノロジーについて先鋭的な作品を発表し続けた。2006年アメリカにて没する。

 

ビデオアートの父 ナムジュン・パイク展 フォトギャラリー

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為は法律で禁止されています。
名称 ビデオアートの父 ナムジュン・パイク展
URL http://open-air-museum.org/event/event-35262
会期 2017年10月06日(金)- 12月03日(日)
会場 霧島アートの森
住所 鹿児島県姶良郡湧水町木場6340-220
電話 0995-74-5945

関連キーワード: ,