ARTLOGUE 編集部

ARTLOGUE 編集部

イベントを読み込み中

« すべてのイベント

  • このイベントは終了しました。

モダンアート再訪 — ダリ、ウォーホルから草間彌生まで 福岡市美術館コレクション展

2月3日 - 3月18日

%e4%b8%89%e5%b2%b8-%e5%a5%bd%e5%a4%aa%e9%83%8e-%e3%80%8a%e6%b5%b7%e3%81%a8%e5%b0%84%e5%85%89%e3%80%8b1934%e5%b9%b4
三岸 好太郎《海と射光》1934年

 

20世紀美術は様々な美術運動の消長の歴史ととらえることができます。印象派に始まり、エコール・ド・パリ、シュルレアリスムから一連の抽象画にいたる流れは主にヨーロッパで育まれ、広い意味でモダンアートと呼ばれています。

そして第二次大戦後、モダンアートの舞台はヨーロッパからアメリカに移り、巨大な抽象絵画やポップアートといった新たな成果を生み出しました。日本でもこれらの動向に呼応する作品が制作される一方、明らかにそこから逸脱する作品も生み出されました。明治以降、日本において欧米の美術がいかに受容され、いかなる変容を遂げたかという問題は日本の近代美術史を論じるにあたって興味深い主題です。

1979年に開館した福岡市美術館は近現代美術と古美術を二つの柱とする16,000点に及ぶコレクションによって知られています。2019年のリニューアルオープンに向けて、美術館が大規模な改修工事に入ったことを得難い機会として、この展覧会では福岡市美術館が所蔵する近現代美術のコレクションによって、モダンアートの歴史をあらためてたどりたいと考えます。

ダリやウォーホルから草間彌生まで、ヨーロッパとアメリカ、そして日本のモダンアートを代表する優品70点あまりの魅力をお楽しみ下さい。

 

概 要

---------------------------------------------------------------------------------------------

会 期: 2018年2月3日(土)~3月18日(日) 9:00~17:00
会 場: 鳥取市東町 鳥取県立博物館
観覧料:一般800円、大学生以下無料
問合せ:0857-26-8042(鳥取県立博物館)

 

モダンアート再訪 — ダリ、ウォーホルから草間彌生まで 福岡市美術館コレクション展 フォトギャラリー

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為は法律で禁止されています。

会場

鳥取県立博物館:
680-0011 鳥取県
鳥取市, 東町2丁目124
+ Google マップ
電話番号:
0857-26-8042
Web サイト:
http://www.pref.tottori.lg.jp/museum/