ARTLOGUE 編集部

ARTLOGUE 編集部

イベントを読み込み中

« すべてのイベント

没後200年記念特別企画展 松平不昧

9月23日 - 12月2日

1533663007_00091590.jpg
松平不昧は、寛延4年(1751)に雲州松江藩6代藩主・松平宗衍(まつだいらむねのぶ)の次男として生まれました。幼名を鶴太郎、名を治郷(はるさと)といい、不昧、未央庵(みおうあん)、一々斎(いちいちさい)、宗納(そうのう)などと号しました。17歳の時に、財政難に苦しんでいた松江藩藩主となり、家老朝日丹波らの補佐を受けて財政改革を行い、治績をあげた人物としても知られています。 また、不昧は茶の湯を好み、遠州流や石州流、三斎流を学んだ後、石州流不昧派と称する流派をなしました。茶道具の蒐集にも力を注ぎ、「雲州名物」といわれる膨大なコレクションを築きあげます。また、茶の湯の名物道具を研究し、名物の概念を定め、その後の茶道具研究にも大きな影響を与えました。 この度は、松平不昧没後200年を記念し、サンリツ服部美術館のコレクションの中から、雲州松平家に伝来した茶道具や不昧の道具研究の集大成『古今名物類聚』に掲載されている作品などをご紹介いたします。本展を通じて、不昧が見つめた茶の湯の美に触れていただけますと幸いです。 【前期】9月23日(日)~10月28日(日) 【後期】10月30日(火)~12月2日(日)

会場

サンリツ服部美術館:
392-0027 長野県
諏訪市, 湖岸通り2-1-1
+ Google マップ
電話番号:
0266-57-3311
Web サイト:
http://www.sunritz-hattori-museum.or.jp/