ARTLOGUE 編集部

ARTLOGUE 編集部

イベントを読み込み中

« すべてのイベント

  • このイベントは終了しました。

ART in PARK HOTEL TOKYO 2018

3月9日 - 3月11日

03_%e5%b1%95%e8%a6%a7%e4%bc%9a%e3%83%87%e3%82%b6%e3%82%a4%e3%83%b3

現代美術のアートフェア「ART in PARK HOTEL TOKYO 2018」(略称:AiPHT / アイファット)を、汐留にあるパークホテル東京にて、2018年3月9日(金)・10日(土)・11日(日)[プレビュー8日(木)]の4日間で開催予定。第3回目となる今回は、「アートフェア東京」とフェア会期を合わせる等協力体制をとりながら、ビビットでユニークな現代美術に特化したアートフェアを目指します。

「AiPHT(アイファット)2018」では、総勢42ギャラリー(東京:16軒、東京以外:24軒、台湾:1軒、韓国:1軒)が出展し、ホテル客室をギャラリーに仕立て、イチ押しの作品を展示・販売致します。ジャンルは、絵画・彫刻・版画・写真に限らず、空間全体を使ったインスタレーションまで、今をときめく現代美術を一堂にご覧いただけます。

「AiPHT(アイファット)2018」の特徴のひとつは、東京以外を拠点とするギャラリーが数多く出展する点です。東京ではなかなかご覧頂く機会の少ない作家・作品を、少数精鋭の質の高いプレゼンテーションでご紹介します。生活空間に近いホテル客室を舞台にしたアートフェアで、アートコレクションを身近に感じながら、現代アートの驚きと楽しみをご堪能いただければ幸いです。

 

【AiPHT2018 見どころ】

日本の戦後現代美術を代表する作品を一同にご覧いただけるチャンスです。
1958年に渡米しニューヨークで活動を続け、一貫してミニマリズムな作品を発表する桑山忠明(1932-)〔ギャラリーヤマグチクンストバウ〕、1950年代より絵画表現での制作活動を始め、新聞紙やダンボール箱などの活字をシルクスクリーンで転写した陶芸作品が代表的な三島喜美代(1932-)〔MEM〕。
雑草の一種「イタドリ」を10年に渡り撮影し続けている渡邊耕一(1967-)〔サードギャラリーAya〕は、現在資生堂ギャラリーにて個展「Moving Plants」を開催中(~3月25日迄)。日常的なモチーフを撮影し、それを拡大して絵画としてキャンバスに描く手法で制作を続ける伊庭靖子(1967-)〔MA2Gallery〕など、実力派中堅作家も出展いたします。
また、VOCA展2018にて、VOCA賞を受賞した碓井ゆい(1980-)〔studio J〕、同じくVOCA展2018にて奨励賞を受賞した藤井俊治(1983-)〔ギャラリーほそかわ〕など今注目の若手作家も多数出展予定です。

---------------------------------------------------------------------------------------------

【開催概要】

会 期:2018年3月9日(金)-11日(日)
               (プレビュー:3月8日(木)*招待客・プレス関係者のみ)                 
会 場:パークホテル東京 26階、27階(2フロア貸切)
出展ギャラリー:42ギャラリー
入場料:¥1,500-. / 1day pass *チケットはフェア受付にてお買い求め下さい
H  P :https://www.aipht.artosaka.jp/
※詳細は各HPでご確認下さい

---------------------------------------------------------------------------------------------

【関連イベントのご案内】

1. 特別展示「PREVIEW AiPHT(プレビュー・アイファット)」

AiPHT2018の開催に先立ち、フェア出展アーティストの作品をパークホテル25階ロビーフロア、31階アーティストフロアにて展示、紹介するプログラム。絵画や写真、立体など、様々なジャンルのアーティストによるバラエティに富んだ作品群により、フェアの雰囲気をいち早く体験していただけます。
出展作家:赤松亜美、荒木由香里、伊庭靖子、上野王香、大洲大作、金子英、菊谷達史、黒宮菜菜、桑原盛行、千崎千恵夫、富田菜摘、中里伸也、ニシムラマホ、南花奈、椋本真理子、安元亮祐、渡邊耕一
会 期:2月19日(月)- 3月11日(日) 11:00-20:00(会期中無休)
会 場:パークホテル東京 25階 31階  ※入場無料

 

2. アーティストトーク「アーティストルームができるまで」

『日本の美意識』をテーマに、アーティストの独自の世界観で表現されたパークホテル東京「アーティストルーム」。どのような熱意で、いかにして作られたのか、プロジェクトのコンセプトや制作中の秘話など、実際に制作したアーティストをお呼びし、お話を伺います。トーク後はアーティストルーム見学会も予定しております。
日 時:3月  9日(金)13:30- アーティスト:三橋鎌幽(『侍』ルーム制作)
       3月10日(土)13:30- アーティスト:ふるかはひでたか(『江戸-東京』ルーム制作)
会 場:パークホテル東京 26階ブルールーム
入場料:無料(但し、フェア入場料1500円が別途必要)
定 員:各回30名
<要事前申し込み(先着順)>
※info@artosaka.jp まで、必要事項を明記の上、お申し込みください。
必要事項:お名前、人数(2名様まで)、当日連絡可能なお電話番号、ご希望の回

 

3. トーク「金沢21世紀美術館館長 島敦彦氏トークショー」

富山県立近代美術館や国立国際美術館の学芸員・研究員を経て、愛知県美術館や金沢21世紀美術館の館長を歴任する島敦彦氏。生粋の美術館人である島館長独自の展覧会の作り方や新人作家発掘の逸話など、現代美術にまつわるアートマネジメントの極意と秘話をたっぷりとお聞きします。
<要事前申し込み(先着順)>
※info@artosaka.jp まで、必要事項を明記の上、お申し込みください。
必要事項: お名前、人数(2名様まで)、当日連絡可能なお電話番号

---------------------------------------------------------------------------------------------

ART in PARK HOTEL TOKYO 2018 フォトギャラリー

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為は法律で禁止されています。

会場

パークホテル東京 26階、27階:
105-7227 東京都 港区東新橋1丁目7−1 汐留メディアタワー + Google マップ
電話番号:
06-7506-9338(事務局)
Web サイト:
http://parkhoteltokyo.com/