ARTLOGUE 編集部

ARTLOGUE 編集部

イベントを読み込み中

« すべてのイベント

大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018

7月29日 - 9月17日

%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3%e7%94%bb%e5%83%8f

地球環境時代の美術、大地の芸術祭

大地の芸術祭では、ここに暮らす人々が自然の中で生きていくために培ってきた創意工夫、技術、労苦の結晶である棚田や瀬替え、土木工事こそが人間と自然の関係を表していると考え、その礎の元にアート作品を配置・展開してきました。その軌跡をたどりながら2018年の芸術祭を堪能する、ランチ&ガイド付き日帰りツアーの決定版「オフィシャルツアー(2コース)」は、大地の芸術祭が考える、人間が自然・文明と関わる術を追体験する旅。里山とアートを巡る旅は、まさに地球環境時代の美術の起点となります。

 

「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」とは

「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」は、過疎高齢化の進む日本有数の豪雪地・越後妻有(新潟県十日町市、津南町)を舞台に、2000年から3年に1度開催されている世界最大級の国際芸術祭です。農業を通して大地とかかわってきた「里山」の暮らしが今も豊かに残っている地域で、「人間は自然に内包される」を基本理念としたアートを道しるべに里山を巡る新しい旅は、アートによる地域づくりの先進事例として、国内外から注目を集めています。前回2015年は約51万人の来場者数を記録し、約51億の経済効果や雇用・交流人口の拡大をもたらしています。

 

「大地の芸術祭」の里とは

3年に1度開催される「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」の舞台となる、越後妻有地域(新潟県十日町市・津南町)を「大地の芸術祭」の里と呼んでいます。ここでは、1年を通して、地域に内在するさまざまな価値をアートを媒介として掘り起こし、その魅力を高め、世界に発信し、地域再生の道筋を築くことを目指しています。その成果発表の場となるのが、「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」です。

 

開催概要

----------------------------------------------------------------
会 期:7月29日(日)~9月17日(月・祝)51日間
会 場:越後妻有地域(新潟県十日町市・津南町)760km2
入館料:作品鑑賞パスポート 一般3,500円    (3,000円)、高・専・大学生3,000円(2,500円)、中学生以下 無料
※()内は前売り

 

 

大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018 フォトギャラリー

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製などの行為は法律で禁止されています。

 

大地の芸術祭は約380点のアート作品が広大なエリアに点在します。多数の拠点施設、空き家・廃校作品、野外作品などをめぐる旅をお楽しみください。

以下は、2018年方丈記私記〉会場

 

会場

越後妻有里山現代美術館[キナーレ]:
948-0003 新潟県
十日町市, 大地の芸術祭 本町6丁目 越後妻有里山現代美術館[キナーレ]2F
+ Google マップ
電話番号:
025-761-7767
Web サイト:
http://www.echigo-tsumari.jp/artwork/echigo-tsumari_kouryukan_echigo-tsumari_exchange_center