ARTLOGUE 編集部

ARTLOGUE 編集部

イベントを読み込み中

« すべてのイベント

  • このイベントは終了しました。

生誕110年 田中一村展

7月14日 - 9月17日

%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3%e7%94%bb%e5%83%8f

公益財団法人佐川美術館では、開館20周年記念の特別企画展「生誕110年 田中一村展」を開催いたします。本年は田中一村(1908-1977)の生誕110年にもあたり、関西では10年ぶりとなる大規模な「田中一村展」を観覧できるまたとない機会になります。
田中一村は栃木に生まれ、幼少期より南画(中国の南宋画に由来する絵画)を描き、1926年に東京美術学校へ入学します。学校は2ヶ月で退学し、それ以降は特定の師にはつかず、独学で画家人生を歩み、千葉で20年間ひたすら写生に没頭します。そして、新しい創作への道を模索する中で、奄美大島へ渡り亜熱帯の植物や鳥などを題材にした日本画を描き、独自の画業を追い求めていきますが、生前それらの作品を発表する機会もなく無名のままこの世を去ります。本展では、生誕110年を迎える孤高の画家・田中一村の幼少期から青年期にかけての南画、南画との決別から新しい日本画への模索、そして琳派を彷彿とさせる奄美の情景を描いた作品まで、各時代の代表作を含む150点以上の作品により、「本道と信ずる絵」を求めた彼の創作の軌跡と一村芸術の真髄に迫ります。
本展では、田中一村記念美術館所蔵作品をはじめ、普段見ることができない個人蔵の作品を多数ご紹介します。是非この機会に田中一村作品をご覧ください。

 

■トークイベント

----------------------------------------------------------------
テーマ:記念対談
日 時:7月14日(土)14:00~
会 場:樂吉左衞門館ロビー
定 員:100名(先着順)
料 金:無料
*入館料は必要
出演者:大矢鞆音氏(本展監修者、美術評論家) × 新山宏氏(田中一村甥、著作権継承者)

テーマ:記念講演会
日 時:8月19日(日) 14:00~
会 場:樂吉左衞門館ロビー
定 員:100名(先着順)
料 金:無料
*入館料は必要
出演者:松尾知子氏(千葉市美術館上席学芸員)

 

■開催概要

----------------------------------------------------------------

会 期:2018年7月14日(土)~ 9月17日(月・祝)
会 場:佐川美術館
時 間:9:30~17:00
*入館は16:30まで
休 館:月曜日(祝日の場合は翌火曜日、8月13日は閉館)
入館料:一般1,000円(800円)、高大生600円(400円)
*( )内は20名以上の割引料金
*中学生以下は無料
*専門学校・専修学校は大学に準じる
*障害者手帳をお持ちの方(要手帳提示)、付添者(1名のみ)無料
問合せ:077-585-7800



生誕110年 田中一村展 フォトギャラリー

©2018 Hiroshi Niiyama

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為は法律で禁止されています。

会場

佐川美術館:
524-0102 滋賀県
守山市, 水保町北川2891
+ Google マップ
電話番号:
077-585-7800
Web サイト:
http://www.sagawa-artmuseum.or.jp/