イベントを読み込み中

← Back to イベント

岡山市立オリエント美術館

700-0814 岡山県
岡山市北区, 天神町9-31
086-232-3636 http://www.orientmuseum.jp

館のご紹介

10万年前から19世紀に至るオリエント地域の考古・美術・歴史資料をご覧頂きながら、オリエントの歴史や文化を分かりやすく紹介する専門美術館です。悠久の時の流れを感じることのできる建築空間、きらびやかな中東の民族衣装の試着、風味豊かなアラビックコーヒーで、オリエントの空気をお楽しみください。

開館時間

9:00~17:00(入館は16:30まで)

料金

●入館料
一般300円(240円)、高大生200円(160円)、小中生100円(80円)
・()内は20名以上の団体料金です。
・特別展は、別料金になります。
・岡山城との共通券もあります。

休館日

月曜日(祝日の場合その翌日)、年末年始

アクセス

●JR岡山駅東口より市内電車「東山」行きで約5分、「城下」下車、左手すぐ。
●JR岡山駅東口より徒歩15分。
※当美術館には来館者用駐車場はありませんが、城下地下駐車場と市営天神駐車場(いずれも有料)が付近にあります。

← Back to イベント

岡山市立オリエント美術館

+ Google マップ
700-0814 岡山県
岡山市北区, 天神町9-31
086-232-3636 http://www.orientmuseum.jp
当館は、学校法人岡山学園(当時の理事長:故安原真二郎氏)から、古代オリエントの美術品1947点が寄贈されたのを機に建設されました。これらは安原氏が情熱を傾けたコレクションで、氏と親交のあった東京大学の故江上波夫名誉教授と、故深井晋司教授の指導の下に形成されたものです。従って、学術的に系統だった収集が特徴で古代オリエントの歴史と文化を理解する上で欠かせない、さまざまな分野の資料が取りそろえられています。 開館後も資料の充実に意を払い、また寄贈や寄託が加わった結果、4800点余の考古美術品を管理するに至りました。今日では、西日本におけるオリエント研究の拠点として、また公立としては国内唯一の専門美術館として、調査研究・教育普及に努めております。 平成16年、開館25周年記念事業の一環として取得したのが、アッシリア・レリーフ「有翼鷲頭精霊像浮彫」です。メソポタミアを初めて統一したアッシリアの芸術は、古代メソポタミア文明の一到達点として輝きを放ち、当館を代表する収蔵品です。また同年、古代オリエント学者として知られる三笠宮崇仁親王殿下に、名誉顧問としてご就任いただきました。 人類最古の文明のあかしとして、また東西文化交流のしるしとして、オリエントには今後ますます多くの関心が注がれることでしょう。それはまた、日本文化の行く末を考える上にも重要な手がかりを提供してくれるに違いありません。当館ではこうした意義を踏まえて、今後も様々な 調査研究・教育普及活動を継続していきたいと考えております。