ARTLOGUE 広島県展覧会 広島市南区展覧会 比治山公園展覧会

展覧会

丸木位里・俊 ―《原爆の図》をよむ

広島市現代美術館 | 2018.9.8(土) 〜 11.25(日)
カレンダーに登録

「丸木位里・俊 ―《原爆の図》をよむ」広島市現代美術館

概要

水墨による独自の表現を探究していた広島出身の丸木位里(1901-95)と、女子美術専門学校で油彩画を学んだ北海道出身の俊(赤松俊子・1912-2000)は、1941年に結婚します。ふたりは1945年8月に原爆投下後の広島を訪れたのち、自らの体験と家族などから聞いた話をもとに《原爆の図》初期三部作である《第1部 幽霊》、《第2部 火》、《第3部 水》を制作しました。これらは報道規制が敷かれた1950年代初頭に日本全国を巡回し、いち早く人々に被爆の惨状を伝えたことで反核反戦の象徴となっていきます。《原爆の図》は、作品が担った社会的役割の大きさだけでなく、洋画家の俊による繊細な人体描写と、日本画家の位里による大胆な水墨技法が融合した表現である点においても希有な作品といえるでしょう。 本展では《原爆の図》より、初期三部作に加え、《第4部 虹》、《第5部 少年少女》とともに、《原爆の図》の需要が高まる全国巡回展中につくられた初期三部作の「再制作版」を同時にご覧いただきます。丸木位里と俊、それぞれがこれらの作品の前後に単独で制作した作品もあわせて紹介し、ふたりの画業の連続性のなかで、《原爆の図》にみられる絵画的表現の試みを読み解きます。

丸木位里・俊《原爆の図 第1部 幽霊》(再制作版・部分)1950−51年(後年に加筆) 広島市現代美術館蔵 :「丸木位里・俊 ―《原爆の図》をよむ」広島市現代美術館丸木位里・俊《原爆の図 第2部 火》(再制作版・部分)1950−51年(後年に加筆) 広島市現代美術館蔵 :「丸木位里・俊 ―《原爆の図》をよむ」広島市現代美術館丸木位里・俊《原爆の図 第3部 水》(再制作版・部分)1950−51年(後年に加筆) 広島市現代美術館蔵 :「丸木位里・俊 ―《原爆の図》をよむ」広島市現代美術館丸木俊《裸婦(解放されゆく人間性)》1947年 個人蔵 :「丸木位里・俊 ―《原爆の図》をよむ」広島市現代美術館丸木位里《馬(部分)》1939年 原爆の図丸木美術館蔵 :「丸木位里・俊 ―《原爆の図》をよむ」広島市現代美術館丸木位里・俊 『ピカドン』1950年 原爆の図丸木美術館蔵 :「丸木位里・俊 ―《原爆の図》をよむ」広島市現代美術館
※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為は法律で禁止されています。


開催概要
----------------------------------------------------------
会 場 :広島市現代美術館
会 期: 2018年9月8日(土)~11月25日(日)
休館 :月曜日
*月曜日が祝休日にあたる場合はその翌平日
時 間:10:00~17:00
*入場は閉館の30分前まで
料 金:一般1,000(800)円、大学生700円(600円)、高校生・65歳以上500円(400円)、中学生以下無料
*()は30名以上の団体料金

 

※ 情報は取得時のものです。お出かけの際にはオフィシャルサイトにて情報のご確認をお願いいたします。
情報に誤りを発見された場合、ご連絡をお願いいたします。>> お問い合わせフォーム

※ 情報は取得時のものです。お出かけの際にはオフィシャルサイトにて情報のご確認をお願いいたします。
情報に誤りを発見された場合、ご連絡をお願いいたします。>> お問い合わせフォーム

写真記事

ホテル

グルメ

広島市現代美術館 - 住所および地図

〒732-0815 広島県 広島市南区比治山公園 1-1
ARTLOGUE 広島県展覧会 広島市南区展覧会 比治山公園展覧会
このページに関するタグ
関連する記事

あなたのデスクトップにアートのインスピレーションを

ARTS WALLは、常にアートからの知的な刺激を受けたい方や、最新のアートに接したい方に、ARTLOGUEのコラムや、美術館やギャラリーで今まさに開催中の展覧会から厳選したアート作品を毎日、壁紙として届けます。 壁紙は、アプリ経由で自動で更新。