奈良・町家の芸術祭 はならぁと2017

アートによる地域価値の発掘作業を通して、奈良県の豊かな文化や暮らしを過去から未来に繋ぐアートプロジェクト『奈良・町家の芸術祭 はならぁと』が、7回目を迎え開催されます。2017年は、メインとなる「はならぁと こあ」が宇陀松山エリアで催されます。重要伝統的建造物群保存地区内に芝居小屋が残る事例としては全国的に珍しい、特色ある歴史的建築物「喜楽座(きらくざ)」(※通常非公開)をメイン会場に展覧会が構成されます。「はならぁと ぷらす」が橿原エリア(八木札の辻ゾーン&今井町ゾーン)にて行われるほか、吉野町国栖エリアと曽爾村エリアでは2016年度から新たに開始された地域密着・長期型アートプロジェクト「はならぁと ぷらす」が展開されます。

/ 2017年10月21日