生業・ふるまい・チューニング 小出麻代-越野潤

小出は1983年大阪府生まれ、京都精華大学大学院芸術研究科博士前期課程芸術専攻版画分野修了。近年、ガラスや鏡、電球、紙片などの異素材を結びつけ、人が言葉にする以前の未分化な記憶や感情をくすぐるような風景を紡ぎ出したインスタレーションを展開している。

越野は1967年大阪府生まれ、京都市立芸術大学大学院美術研究科修士課程油画専攻修了。シンプルな色面の絵画をテーマに、具象性を削ぎ落とした色のかたまりを思わせる平面作品を手がけている。

本展では、対象的な2名の作家が、作品に多様な主張を託す現代美術において、指針とすべきものは何かを考察する。

/ 2018年2月22日

生業・ふるまい・チューニング 小出麻代—越野潤

生業・ふるまい・チューニング 小出麻代-越野潤 Calling, Attitude and Tuning: K […]

/ 2018年2月8日