態度が形になるとき ―安齊重男による日本の70年代美術―

写真家の安齊重男氏(1939年~)が撮影した日本の現代美術の世界を紹介する展覧会が、国立国際美術館で開催されます。安齊氏は、1970年から今日に至るまで、作家たちが制作した一過性の作品を35mmカメラで記録し続けてきました。同展覧会では、戦後の日本美術史における現代美術の大きな動向であった芸術運動“もの派”から、同時代のほかの新しい芸術動向まで、安齊氏の視点で撮られた写真が展示されます。日本の現代美術の変革期の動向を知ることができるとともに、安齊氏のこれまでの歩みが紹介されます。

/ 2017年10月28日

ボイスマン美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの搭」展

ピーテル・ブリューゲル1世の最高傑作《バベルの塔》をはじめ、ヒエロニムス・ボスの貴重な油彩画《聖クリストフォロス》など、オランダのボイマンス・ファン・ベーニンゲン美術館が所蔵する、16世紀ネーデルラント美術を中心とした優れたコレクションの数々を紹介します。

/ 2017年7月18日

「ライアン・ガンダー ―この翼は飛ぶためのものではない」
「ライアン・ガンダーによる所蔵作品展 ―かつてない素晴らしい物語」
国立国際美術館
フォトレポート & シェアするだけチケットプレゼント

「ライアン・ガンダー ―この翼は飛ぶためのものではない」「ライアン・ガンダーによる所蔵作品展 ―かつてない素晴らしい物語」会 期:2017年4月29日(土)~ 7月2日(日) 会 場:国立国際美術館

/ 2017年4月30日

「クラーナハ展―500年後の誘惑」国立国際美術館 フォトレポート 33枚

「クラーナハ展―500年後の誘惑 フォトレポート」会 期:2017年1月28日(土)~4月16日(日)  会 場:国立国際美術館

/ 2017年3月8日

「おとろえぬ情熱、走る筆。ピエール・アレシンスキー展」 国立国際美術館 フォトレポート

「おとろえぬ情熱、走る筆。ピエール・アレシンスキー展」 国立国際美術館 フォトレポート  会 期:2017年1月28日(土)~4月9日(日)  会 場:国立国際美術館 地下 2 階展示室

/ 2017年1月31日

「THE PLAY since 1967 まだ見ぬ流れの彼方へ」 国立国際美術館 フォトレポート

国立国際美術館では、1967 年より関西を拠点に活動するプレイの個展「THE PLAY since 1967 まだ見ぬ流れの彼方へ」を開催。会 期:2016年10月22 日(土)~2017 年 1 月 15 日(日) 会 場:国立国際美術館 地下 2 階展示室

/ 2017年1月13日

「ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち」国立新美術館 フォトレポート & シェアするだけチケットプレゼント!

「日伊国交樹立150周年特別展 アカデミア美術館所蔵
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち」国立新美術館 フォトレポート 会期:2016年10月22日(土)~2017年1月15日(日)
会場:国立国際美術館

/ 2016年10月26日

私のサインコレクション。 作品だけでなく、作家にも注目。 違った角き度からのアートと結び付き

アート好きのみなさんは、コレクションしていますか? そう聞かれると、「作品」収集と思われるかもしれませんね。中 […]

/ 2016年9月15日