吉川正道・千香子 展 

陶芸家、吉川正道・千香子による展覧会。

伊勢現代美術館の開館15周年を記念して開催する本展は、

国内外で活躍する吉川正道・千香子の、初の夫婦展です。

テーマの一つは制作の過程や日常、そして夫婦間にもあるという「祈りの気持ち」。

それぞれに異なる個性を持つ其々の作品が、

ひとつの空間に共存、互いを引き立てあう様に融合します。

/ 2018年5月10日

ポーランド現代作家6人展 / NAPRZECIW – まえ –

【展示内容】
ポーランドの現代作家6人が、日本の書物が西洋の書物とは逆側からページをめくることからヒントを得て「Reversed Seeing – 逆さまに見ること」をテーマとした平面・立体作品を展示

/ 2018年3月3日

剣山利人 展

剣山利人 Toshihito Kenzan – 展覧会・受賞歴 – 1997  第53回 現展 新人奨励賞20 […]

/ 2018年3月3日

前村実 展

「ヤカレタモノと対峙する」をテーマに、陶土・ガラス・鉄・コンクリート・木・紙等を
素材として、成形したモノを実際に焼成。
このプロセスから得られる物質の変容や、炎の痕跡がメッセージと化する作品を制作する。

/ 2018年2月7日

榊原匡章 展「神の通る道」

画家 榊原匡章による、自身初のモダンアートの絵画展。白・赤・黄・緑・青の鮮やかな5 色のペイントで制作する作品 […]

/ 2018年2月7日

岡本敦生 展「水を彫る」“ excavate a water-2017 ”

国内外にて活動する彫刻家、岡本敦生の展覧会を開催します。彫刻館 宇空(うくう)の庭園の岡本敦生 旧作展とともに、岡本作品の特徴である御影石を使った新作の展示を行います。メインとなる石彫作品(“excavate a water – 2017 – 1~7 ”)は、水の屈折率を計算して形作られたもので、水深40cm の水の中に作品が置かれた状態を、水の無い空間の中に表現しています。

/ 2017年12月14日