ジャパノラマ Japanorama: 1970 年以降の新しい日本のアート展

<ポンピドゥ・センター・メッスにて日本の視覚文化を紹介する「Japanorama展」を開催>
国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、ポンピドゥ・センター・メッスとの共催により、本年10月より「ジャパノラマ Japanorama 1970年以降の新しい日本のアート [new vision on arts in Japan since 1970]」を開催します。 大阪万博が開催された1970年以降の日本の現代美術、視覚文化を概観的に俯瞰することを目的とした本展は、キュレーターに東京都現代美術館参事・長谷川祐子氏をお迎えし、約100人・組の作家による350点あまりの作品を紹介する大規模な展覧会です。 2018年の日仏友好160周年、また、2020年の東京オリンピック・パラリンピックを前に、メッスにおけるジャパンシーズンの一環として日本の社会や文化への関心を喚起します。

/ 2017年10月20日

アジア回廊 現代美術展

世界遺産・元離宮二条城で現代アート展!「アジア回廊 現代美術展」は、8月から11月に行われる東アジア文化都市2017京都のメインプログラムとして、日中韓の現代アーティスト25組を紹介します。

/ 2017年8月19日