ぼくとわたしとみんなの tupera tupera 絵本の世界展

「tupera tupera(ツペラ ツペラ)」は、2002 年に活動を開始した、亀山達矢と中川敦子から成るユ ニット。はじめ布雑貨を制作していた彼らは、「飾れる」ジャバラ絵本『木がずらり』(2004 年 私家版) の制作を契機に、色鮮やかな紙等をはさみで切り、イラストレーションボードの上に貼り重ねていく独 自の手法を用いて、絵本制作の世界で活躍の場を広げていきます。精緻なカッティングや洗練された配 色・構成とともに、斬新な発想から生まれたユーモラスな内容が、彼らの絵本を、子どものみならず大 人の心をも掴む人気作品にしています。本展では、絵本原画に加え、雑貨や工作、イラストレーションやアートディレクション、映像等、さ まざまなジャンルの作品約 300 点を一堂に会し、tupera tupera の多彩な活動をご紹介します。

/ 2018年3月17日

人工生命体「ストランドビースト」の生みの親テオ・ヤンセン氏インタビュー

「三重県立美術館 開館35周年記念Ⅱ テオ・ヤンセン展 人工生命体、上陸!」
展覧会開催にあたり、来日したテオ・ヤンセン氏がインタビューを受けて下さいました。

/ 2017年7月31日