「龍野アートプロジェクト2016 国際芸術祭 時空の共振」 フォトレポート

鈴木大輔

鈴木大輔

大西康明 音楽:薮田翔一《時間の溝 空間の縁》2016

龍野アートプロジェクトは、地域に残された文化遺産の保存活用と文化芸術活動の発信を目的に2011年より毎年開催されています。

瀧野は、古い城下町として栄えてきました。白壁の通りや、旧醤油蔵、龍野城跡など、昔ながらの風情の残る町は三木露風(詩人、童謡作家)、三木清(哲学者)や、近年では野村仁(アーティスト)、芸術監督でもある加須屋明子(京都市立芸術大学教授)、薮田翔一(現代音楽作曲家)など、多くの文化人を輩出しています。

会場はたつの市龍野町旧市街の旧龍野醤油同業組合事務所・同組合醸造工場(国登録有形文化財)を中心に、古民家などに作品が点在しています。また、期間中には薮田翔一作曲 オペラ『大奥』が上演されたり、今年は関連企画として、地元を拠点に制作している作家などの作品を龍野アートプロジェクト+ (プラス)で紹介しています。

静かで情緒豊かな町で、ゆっくりと芸術鑑賞はいかがでしょうか。

 

龍野アートプロジェクト2016 国際芸術祭 時空の共振

会 期:2016年11月3日(木・祝)~11月13日(日)
会 場:兵庫県たつの市龍野町旧市街
出展作家:ピョトル・ボサツキ、アグニェシュカ・ポルスカ、井上いくみ、太田三郎、大西康明、薮田翔一、笠木絵津子、北川太郎、小谷真輔、芝田知佳、東影智裕
オフィシャルサイト:http://www.tbs.co.jp/venice2016/outline/osaka.html

 

龍野アートプロジェクト2016 国際芸術祭 時空の共振 フォトレポート

 

 

鈴木大輔

ARTLOGUE(一般社団法人 WORLD ART DIALOGUE)のCEO/編集長。大阪市立大学都市研究プラザのグローバルCOEに於ける研究プロジェクトから起業。2014 年グッドデザイン賞受賞、2015 年度京都大学GTEP プログラム(文科省)ファイナリスト、2016 年ミライノピッチ(ビジネスコンテスト:総務省近畿総合通信局)においてグローバルイノベーションに値するOIH 賞を受賞。 2016 年兵庫県西宮市のシティープロモーションのクリエイティブディレクターに就任、(公財)京都高度技術研究所の「京都ビジネスデザインスクール」TA。文化経済学会所属。アートを利活用し、より良い社会の実現を目指すアートイノベーター。