<アトリエ劇研提携公演> N₂ Tab.2 – 書き言葉と話し言葉の物性を表在化する試み 『火入れの群』- He returns to his sheep.

ARTLOGUE 編集部

ARTLOGUE 編集部

tab2_flier

わたしたちの小さな火種は大きな波に浚われた――と、まだ言い続けなければならないだろうか。水平でなくなった海へ温存されるのは、メスの挿入を伴わない非侵襲的な公約であり、独り善がりの不正である。(戯曲『火入れの群』より)

――戯曲の「不全性」を前提とした上演への照明は、先天的な盲信に閉ざされたブラックボックスを暴露する。

上演のたびに更新される創作と上演『居坐りのひ』への従事を終え、2016年より始動した「書き言葉と話し言葉の物性を表在化する試み - Tab.(タブ)」の第二作目。個としての俳優をドキュメントした前作『水平と婉曲(すいへいとえんきょく)』に続き、集団の中にある個へ焦点を当てる『火入れの群(ひいれのむら)』。
第15回AAF戯曲賞にて「大賞の次点」であると高評価を受けた、劇作家・杉本奈月による最新作。夏で閉館となるアトリエ劇研にて、窒素の名を冠するN₂(エヌツー)よる二度目の京都公演。

作・演出・宣伝美術 = 杉本奈月(N₂)
舞台美術 = 秋山真梨子(N₂)
出演 = ナカメキョウコ(エイチエムピー・シアターカンパニー)、森谷聖、岡村淳平
舞台監督 = 脇田友
照明 = 根来直義(Top.gear)
映像記録 = 竹崎博人(flat box)
ケータリング = 築地静香(Catering Service ミケ)

[ 協力 ] 岩木すず、エイチエムピー・シアターカンパニー、Top.gear、flat box、Catering Service ミケ、観劇三昧、喫茶フィガロ
[ 助成 ] アーツサポート関西
[ 提携 ] アトリエ劇研
[ 制作 ] N₂ 制作部
[ 主催 ] N₂


- 公演会期
2017年6月2日(金)~4日(日)

2日(金) 15:30 / 19:30 ★
3日(土) 11:30 / 15:30 ★ / 19:30
4日(日) 11:30 ★ / 15:30 ★

* 全7ステージ
* 受付開始・開場は開演時刻の30分前
* 上演時間は約75分を予定

★ アフタートーク
一部の日程で終演後にゲストを招いたアフタートークを予定しております。

■ 6月2日(金) 19:30
泉寛介|Hirosuke Izumi(baghdad café)

■ 6月3日(土) 15:30
岸井大輔|Daisuke Kishii(劇作家)

■ 6月4日(日) 11:30
秋田光軌|Mitsuki Akita(浄土宗應典院主幹)

■ 6月4日(日) 15:30
森山直人|Naoto Moriyama(演劇批評家 / 京都造形芸術大学教員)

- 公演会場
アトリエ劇研
〒606-0856 京都市左京区下鴨塚本町1
TEL|075-791-1966
URL|http://gekken.net/atelier/

※参加者プロフィールやチケット料金及び購入方法、会場のアクセス等詳細は以下よりご確認下さい。http://gekidann2.blogspot.jp/

- お問い合わせ
Tel 080-5237-8403(N₂ 制作部)
Mail gekidann2@gmail.com
http://gekidann2.blogspot.jp/