【眼鏡職人「北村Domont」×写真作家高倉大輔】眼鏡 catch up ア-ト??

ARTLOGUE 編集部

ARTLOGUE 編集部

new-2-dsc02591-edit-edit-2

フランス在住の眼鏡職人、北村拓也による眼鏡ブランド「北村 Domont」。 

8月3日(木)~8月13日(日)まで、国内外注目の写真作家、高倉大輔が撮影した「北村 Domont」製品 の写真作品をOFS ギャラリ-にて展示します。

欧米を中心に一点ものの眼鏡を手作業でつくり続けている「北村Domont」の眼鏡は、かけ心地、機能だけでなく、かける人の顔立ちを生かすバランスまでも配慮したもの。この期間、オーダーメイド眼鏡のご相談受付も行っているとのこと、この機会に是非、自分の、そして大事な人のための、世界に一つの眼鏡をあつらえてみてはいかがでしょうか。

手作業の製品に安くて良いものという指標ではなく、ア-トが持つ感動や驚きといった物差しが加わってくれたらという思いでコラボとなった高倉の作品も必見です。

<「北村domont」について>
2014年に始まった、フランス在住の眼鏡職人、北村拓也による眼鏡ブランド。
大量生産の眼鏡とは異なり、1点ずつ作成される眼鏡。
2017年現在の販売はフランス、日本、アメリカ、ベルギ-。
北村domontは1950年設立のフランスの眼鏡工房、Dorillatに所属。

img_2407 

 

<今回の作品「monodramatic / The parallels on your eyes 」について  by 高倉大輔>

You have your multiple worlds.
眼鏡、という言葉はなぜ、目と鏡なのだろうと思った。鏡の前に立つと、そこには自分が写っている。左右が反転した、少し違う自分だ。日本では古来から鏡は神事に使われ、別の世界と繋がるためのものであった。眼鏡はつまり、別の世界を見るための装置であり、その装置を着けた人は普段とはすこし違うその人として見られることになる。眼鏡の数だけその人の世界は増殖し得る。北村氏の眼鏡は、着用するその人にぴったりと合うように作られる。それだけぴったりと、はっきりとその人の世界を拡張させる。その世界を写真作品として表現できればと思います。

眼鏡 catch up ア-ト?? 

期  間:2017 年8 月3日(木)~ 8 月13 日(日)[11 日間]
会  場:OUR FAVORITE SHOP 内 OFS ギャラリ-(http://ofs.tokyo/
開廊時間:12 :00~19:00(最終日は 17 時まで)
※会期中休館日なし
問合せ先:Ets,Dorillat
住所 51bis, rue d'Ombreval, 95330 Domont, France
担当 北村拓也
E-mail eye-takuya★hotmail.co.jp
※お問合せの際は★印を@マークに変えてご連絡ください。
%e5%8c%97%e6%9d%91dm_omote