ARTLOGUE 編集部

ARTLOGUE 編集部

イベントを読み込み中

« All イベント

シャガール 三次元の世界

東京ステーションギャラリー|東京都

2017.09.16(土)- 12.03(日)  
Google カレンダーに登録

Facebook FacebookTwitterLINE LINEはてなブックマーク
シャガール 三次元の世界

画家、版画家として著名なマルク・シャガールは、晩年に多くの彫刻を制作していました。シャガールの彫刻作品を、日本で初めて本格的に紹介する本展では、平面作品と深い関わりをもつシャガール彫刻の特徴を踏まえ、関連のある素描や絵画、同主題の絵画などとともに展示し、シャガールの三次元世界を巡ります。日本初公開作品を多数含む、彫刻・陶器60点、油彩・水彩70点、素描・版画等40点で構成される本展は、新しいシャガール像に触れる貴重な機会となることでしょう。

彫刻家シャガール?

画家、版画家として著名なマルク・シャガールですが、晩年に多くの彫刻を制作していたことはあまり知られていません。シャガールが彫刻制作を始めたのは1951年、すでに63歳になっていました。この時点で、ブランクーシやジャコメッティといった彫刻家たちによって、またピカソやマティスなどの創意に富んだ彫刻作品によって、20世紀彫刻の造形言語は大きく書き換えられていました。しかしシャガールは、さまざまな新しい試みを知らないかのように、全く独自の、他のどんな20世紀彫刻とも似ていない作品を創り出します。

交錯する平面と立体

シャガールの彫刻は、絵画や版画の表現と不可分の関係にあります。シャガールの典型的な絵画作品と同じように、彫刻においても多くのモチーフが重層的に表現され、物語を紡ぎ出していくのです。それは聖書に題材をとった一場面であることもあれば、愛の喜びを奏でる牧歌的な一場面のこともあります。もちろんそれは、単なる絵画の立体化ではなく、彫刻でなければ表現できない世界が創造されているのです。

シャガールの三次元世界

シャガールの彫刻作品を、日本で初めて本格的に紹介する本展では、平面作品と深い関わりをもつシャガール彫刻の特徴を踏まえたうえで、関連のある素描や絵画、同主題の絵画などとともに展示し、シャガールの三次元世界を巡ります。日本初公開作品を多数含む、油彩・水彩70点、彫刻・陶器60点、素描・版画等40点で構成される本展は、新しいシャガール像に触れる貴重な機会となることでしょう。

名称 シャガール 三次元の世界
URL http://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition/201709_chagall.html
会期 2017年09月16日(土)- 12月03日(日)
会場 東京ステーションギャラリー
住所 東京都千代田区丸の内1-9-1
電話 03-3212-2485

関連キーワード: ,