ARTLOGUE 編集部

ARTLOGUE 編集部

イベントを読み込み中

« すべてのイベント

竹久夢二 版画展

8月2日 - 9月30日

1533663013_00091602.jpg
岡山県出身の画家であり詩人でもある、竹久夢二(1884-1934)は、ほっそりとした体に大きな瞳で憂いの表情を描き、「夢二式美人」とも呼ばれ、大正ロマンを代表する画家となりました。また、多くの書籍の装幀、広告宣伝物、日用雑貨のほか、浴衣や千代紙などのデザインも手掛けており、日本の近代グラフィック・デザインの草分け的存在といえるでしょう。 夢二の表紙絵を起用した『婦人グラフ』は飛ぶように売れ、長野県ゆかりの中山晋平の作曲全集や小説の装幀も手掛けています。大正3年には日本橋呉服町に絵草子店「港屋」をオープンし、夢二がデザインした絵はがきやぽち袋などオリジナルグッズを販売、若い女性を中心に大評判となりました。中央画壇における展覧会での受賞でのし上がった作家たちと違い、夢二は大衆人気というかたちで脚光を浴びます。 ハイカラな風俗と哀愁をおびた表情で一世を風靡した夢二の美人画、大衆文化に広く浸透した夢二の芸術をお楽しみください。 【前期】2018年8月2日(木)~8月28日(火) 【後期】2018年8月30日(木)~9月30日(日)

会場

須坂版画美術館・平塚運一版画美術館:
382-0031 長野県
須坂市, 野辺1386-8
+ Google マップ
電話番号:
026-248-6633
Web サイト:
http://www.culture-suzaka.or.jp/hanga/