ARTLOGUE 編集部

ARTLOGUE 編集部

イベントを読み込み中

« すべてのイベント

特別展 オークラコレクション 古今の美を収集した、大倉父子の夢

10月2日 - 12月9日

1533438262_00091486.jpg
明治維新による激助の時代、日本の近代化に貢献し、美術文化の保護・発展に寄与した実業家がいました。大倉喜八郎(1837-1928)は、その最も重要な人物のひとりです。喜八郎は、さまぎまな近代事業を展開した大実業家で、廃仏毀釈による寺院の荒廃、仏教美術品の散逸や海外流出を憂い、みずから日本・東洋の古美術を収集し、大正6年(1917)、日本初の私立美術館、大倉集古館を設立しました。喜八郎の長男で、ホテル・オークラの創業者としても有名な大倉喜七郎(1882-1963)は、その意志を継ぎ、近代日本画を中心に収集して世界へ紹介するなど、日本文化の海外発信に尽力しました。 父子が精力的に収集したコレクションは、高い美術的価値と同時に、当時の社会情勢を反映した重要な歴史的意義を有しているのです。 本展では、膨大な大倉コレクションを今日に伝え、満100歳を迎えた大倉集古館の所蔵品から、厳選の名品を一堂に公開します。そして、これらの名品を通し、大倉喜八郎が行なった文化財保議の志、アジア諸国にわたる多様な収集、喜七郎による海外への日木文化発信といった歴史的意義を紹介します。 明治維新から150年目の節日に関催される本展は、近代の幕開け以後の日本と海外の交流の歴史をとらえる絶好の機会となるでしょう。 ※本展出品の所蔵者は、すべて東京・大倉集古館です。

会場

九州国立博物館:
818-0118 福岡県
太宰府市, 石坂4丁目7番2号
電話番号:
050-5542-8600(NTTハローダイヤル)
Web サイト:
http://www.kyuhaku.jp