ARTLOGUE 編集部

ARTLOGUE 編集部

イベントを読み込み中

« All イベント

ディアスポラ・ナウ! ~故郷(ワタン) をめぐる現代美術

岐阜県美術館|岐阜県

2017.11.10(金)- 2018.01.08(月)  
Google カレンダーに登録

Facebook FacebookTwitterLINE LINEはてなブックマーク
ランダ・マッダ《ライト・ホライズン》2012 年 Ⓒ2012 Randa Maddah

あなたは「ディアスポラ」を知っていますか。 「故郷」に戻れずに生きる人々の思いについて、感じ考えたことはありますか。 作品に込められたメッセージを感じとることができたとき、あなたの胸に「故郷」を追われ た人々の思いが迫り、あなたの生き方を問う作品たちを前にしたとき 「ディアスポラ」は他人事ではなくなるでしょう。 紛争や災害などに巻き込まれ、故郷を追われて戻れずにいる人々。 彼らに寄り添い、奪われた故郷と世界に向けてメッセージを発信しつづける 現代美術のアーティストたちの作品を紹介します。

 

展覧会について

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
古代ギリシャ語に由来する「ディアスポラ」という言葉は、種など「まき散らされたもの」を意味し、離れた地で芽吹きをもたらすことを含んでいましたが、第二次世界大戦で、ユダヤ人の「民族離散」の歴史を表現するようになりました。岐阜県においても、郷土出身の杉原(すぎはら)千畝(ちうね)が、ナチスの迫害から逃れる人々に、リトアニアのカウナス領事館でビザを発給し、およそ 6000 の命を救ったことが思い起こされます。
現在に目を移せば、中東情勢は泥沼化し、世界各地で大規模な天災がおこっています。紛争や災害によって、避難民は故郷を追われ、離散し、それぞれの地に移り住みながらも、故郷への帰属意識を持ち続けています。
ディアスポラの問題は、国家の枠組みを超えて、故郷(アラビア語で「ワタン」)を問い直すことへとつながります。彼らは、生まれた土地で、自らの存在を認めてもらえず、どこか喪失感を抱いています。すでに看過できない状況下で、アートは、世界の視線を彼らに引き寄せることができているでしょうか。アーティストの中には、グローバル化したアート環境の中、新たな地で自らの表現をつづける人たちもいます。彼らにとって作品は、自らが置かれた立場の表明であり、それはまた現代を映す鏡にもなっているのです。


出品作家紹介

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
ムニール・ファトゥミ(mounir fatmi,モロッコ,1970 生)
現在パリ在住。映像、インスタレーション、絵画、彫刻などマルチメディア作家。歴史、宗教、イデオロギーなどアラブ世界からの現代的なテーマを扱う。2016 年瀬戸内芸術祭に参加。本展では旧作と新作のインスタレーションを出展。
ラリッサ・サンスール(Larissa Sansour,パレスチナ,1973 生)
近年、ビデオ、写真、彫刻を使ったインスタレーションを多く発表。イスタンブール、釜山、リバプールなどのビエンナーレに参加。
■ アクラム・アル=ハラビ(Akram Al Halabi,シリア,1981 生)
シリアで絵画の専門教育を受けた後、2007 年からウイーン美術アカデミーで学ぶ。数多くの国際的なグループ展、映像祭に参加。出展作《チーク》はシリアから届いた、民衆とその物語のイメージを編集した映像作品。
ランダ・マッダ(Randa Maddah,シリア,1983 生)
■ミルナ・バーミア(Mirna Bamieh,パレスチナ,1983 生)
■キュンチョメ(KYUN-CHOME,日本,2011 年結成)
ホンマエリ(1987 生)とナブチ(1984 生)による男女のアートユニット。

 

ディアスポラ・ナウ! 故郷(ワタン)をめぐる現代美術 フォトギャラリー

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為は法律で禁止されています。

 

名称 ディアスポラ・ナウ! ~故郷(ワタン) をめぐる現代美術
URL http://www.kenbi.pref.gifu.lg.jp/page5461.php
会期 2017年11月10日(金)- 2018年01月08日(月)
会場 岐阜県美術館
住所 岐阜県岐阜市宇佐4−1−22
電話 058-271-1313

関連キーワード: , , , , , , ,