ARTLOGUE 編集部

ARTLOGUE 編集部

イベントを読み込み中

« All イベント

絵画の現在 

府中市美術館|東京都

2018.01.13(土)- 02.25(日)  
Google カレンダーに登録

Facebook FacebookTwitterLINE LINEはてなブックマーク
津上みゆき(01) 《View, Tokyo Merry-go-round, Winter, 2017》 2017年 個人蔵 顔料、アクリル、リネン 227.3×181.8cm courtesy of HASHIMOTO ART OFFICE photo: 長塚秀人
津上みゆき《View, Tokyo Merry-go-round, Winter, 2017》 2017年 個人蔵
顔料、アクリル、リネン 227.3×181.8cm
courtesy of HASHIMOTO ART OFFICE photo: 長塚秀人

 

現代の絵画を積極的に紹介してきた当館の成果を継承し、未来へつなげる企画です。1990 年代から2000 年代の20 年間に制作の基礎を培った作家7 組の絵画への取り組みを解読し、彼らが制作を通して問うている、「絵画の現在形」を探ります。出品作家はみな地域との縁(出身、多摩地域の大学の卒業生、在住等)を持っています。美術大学やアトリエが多く集まるという多摩地域の特性や、その中に位置する府中市美術館の活動の特徴など、さまざまな形で「多摩発」の美術を提案していきます。

 

展覧会の見どころ

 

1 今日のわたしに、会いに行く

少し想像力をめぐらしてみてください。本展に並ぶのは、私たちと同じく今日を生きている美術家たち7 組の、最新作です。彼女/彼らの作品が、「絵画の現在」というテーマのもとに、ひとつの場所に集まるのは、この展覧会一度きりです。会場にいらした皆さんは、作品に何を感じ、何を見出すことでしょう。ほんの少しでも心が動いたら、それは今日のあなただけの宝物です。どうぞじっくりと向き合ってください。この展覧会が、特別な出会いと発見の場となることを、心から願っています。

2 「絵画」をあらためて見つめる

現代における絵画について、一度振り返ってみましょう。本展の出品作家は、筆遣い、物質感、抽象か具象か、サイズ感などを比べてみても、実にさまざまな絵画を描いています。そんな彼らの共通点は、絵画という表現に極めて自覚的に取り組んでいる、ということです。
映像、パフォーマンス、インスタレーション、社会的実践……今日の美術表現では、多様な素材やメディア、手法が扱われており、絵画がやや古典的な分野になっていることも事実です。それでもなお、絵が描き続けられることの意味はいかなるものでしょうか。美術家たちの真摯な取り組みは、私たちが絵画を見つめ直す機会となるにちがいありません。

 

開催概要

 

会  期:2018 年1 月13 日(土)~2 月25 日(日)
休  館  日:2 月12 日をのぞく月曜日、2 月13 日(火)
開館時間:10:00-17:00(入場は16:30 まで)
主  催:府中市美術館
協  力:GALLERY CAPTION、HAGIWARA PROJECTS、ShugoArts、
     HASHIMOTO ART OFFICE、nap gallery、switch point
観  覧  料:一般700 円(560)、大学生・高校生350 円(280)、
     中学生・小学生150 円(120)
     ※( )内は20 名以上の団体料金
     ※未就学児及び障害者手帳等をお持ちの方は無料
     ※常設展もご覧になれます
     ※府中市内の中学生・小学生は学びのパスポートで無料

 

絵画の現在 フォトギャラリー

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為は法律で禁止されています。

 

名称 絵画の現在 
URL https://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/kikakuten/kikakuitiran/kaiganogenzai.html
会期 2018年01月13日(土)- 02月25日(日)
会場 府中市美術館
住所 東京都府中市浅間町1丁目3番地
電話 03-5777-8600(ハローダイヤル)

関連キーワード: , , , , , , ,