ARTLOGUE 編集部

ARTLOGUE 編集部

イベントを読み込み中

« All イベント

  • このイベントは終了しました。

写真展 オードリー・ヘプバーン

日本橋三越本店 新館7階催物会場|東京都

2018.01.10(水)- 01.22(月)  
Google カレンダーに登録

Facebook FacebookTwitterLINE LINEはてなブックマーク
main

スクリーンの中をいきいきと駆け回る
妖精のような彼女の若き日の可憐な姿を捉えた
貴重な写真作品で綴る写真展です。

 

20世紀を代表する女優オードリー・ヘプバーン。可憐な姿が“永遠の妖精„と謳われたオードリーが最も輝いていた50,60年代の姿をファッション、映画、プライベートの3編で構成。米国カリフォルニアmptv社より、写真家マーク・ショウ、ボブ・ウィロビーなど一流のハリウッドフォトグラファーによる写真作品約200点を展示致します。

オードリー・ヘプバーン(1929〜1993)は1953年、「ローマの休日」で銀幕の世界に舞い降り、アカデミー主演女優賞を獲得しました。その後「麗しのサブリナ」、「ティファニーで朝食を」、「マイ・フェア・レディ」などで、絶大な人気と女優としての確固たる地位を得ました。女優としてのヘプバーンは、映画作品ではアカデミー賞のほかに、ゴールデングローブ賞、英国アカデミー賞を受賞し、没後にはグラミー賞とエミー賞を受賞しています。痩身で大きな瞳と長い脚はそれまでの女優のイメージを一新し、映画での活躍だけではなく、同時代のファッションアイコンとして名を馳せました。

オードリーが亡くなったのは1993年、すでに25年を経ようとしていますが、今なおその姿は人々の脳裏にしっかりと焼き付けられ、お茶目な妖精のような美貌は輝きを失っていません。ヘプバーンはインターナショナル・ベスト・ドレッサーに選ばれ殿堂入りをしており、今日においてもファッション界から敬意を払われています。「史上最高の美女」、「20世紀最高の美女」にも選出されヘプバーンはその生涯を通じてファッション界に刺激を与え、現代の女性たちから支持を集め続けています。

本展は、ファション編、映画編、とプライベート編をテーマとして、構成します。米国カリフォルニアのmptv社の全面的な協力を得て、同社が所蔵する約1,500点に及ぶオードリーのフォトコレクションより、一流のハリウッドフォトグラファーによる写真作品約200点で展観します。

 

___________________________________

■開 催 概 要

会期:2018年 1月10日(水)~22日(月)
会場:日本橋三越本店 新館7階催物会場
午前10時30分~午後7時(午後7時30分閉場)
※最終日は午後5時30分まで(午後6時閉場)
入場料:一般・大学生800円/高校・中学生600円(小学生以下無料・税込)

___________________________________

■2018年1月以降の巡回情報

会場:大丸札幌店
会期:2018年3月7日(水)~19日(月)

___________________________________

 

写真展 オードリー・ヘプバーン フォトギャラリー

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為は法律で禁止されています。
名称 写真展 オードリー・ヘプバーン
URL http://audreyphotoexhibition.jp/
会期 2018年01月10日(水)- 01月22日(月)
会場 日本橋三越本店 新館7階催物会場
住所 東京都東京都中央区日本橋室町1丁目4−1 日本橋三越本店 新館7階催物会場
電話 03-3241-3311

関連キーワード: ,