ARTLOGUE 編集部

ARTLOGUE 編集部

イベントを読み込み中

« すべてのイベント

ベルトラン・ラヴィエ「Medley – Works from the Collection」

4月19日 - 9月24日

Bertrand Lavier, Medeley exhibition at L'Espace Louis Vuitton Tokyo, April 19 2018 - September 24 2018 / Ibo
IBO 2008 年 ブロンズにクロムメッキ Chrome-plated bronze 86 x 25 x 16 cm 展示風景、エスパス ルイ・ヴィトン東京 Exhibition view at Espace Louis Vuitton Tokyo (2018) Courtesy of the artist and Fondation Louis Vuitton © Adagp, Paris 2018. Photo credits: Jérémie Souteyrat/Louis Vuitton

 

BERTRAND LAVIER

MEDLEY

WORKS FROM THE COLLECTION

 

 

エスパス ルイ・ヴィトン東京では、フランス人アーティスト、ベルトラン・ラヴィエを招いた展覧会「Medley」を開催いたします。本展はパリのフォンダシオン ルイ・ヴィトンのアーティスティック・ディレクションの下、所蔵するコレクションの中から世界のエスパス ルイ・ヴィトン(東京、ミュンヘン、北京、ヴェネツィア) で未公開の作品を紹介する「Hors-Les-Murs (壁を越えて)」プロジェクトの一環として企画されました。このプロジェクトはフォンダシオンの国際的な取り組みを積極的に展開していき、幅広い多くの人々に興味を持っていただくことを目指しています。

ベルトラン・ラヴィエは、伝統的な芸術様式のカテゴリー分けを覆す作品を生み出したアーティストです。ラヴィエは、ヴェルサイユの国立高等園芸学校で、彼の芸術観に影響を与え続けることになる園芸を学んだ後、1970年代初頭からアーティストとして活動を始めました。絵画と彫刻、描写と抽象、生活と芸術の関係を考察するラヴィエのアプローチには、マルセル・デュシャンのレディ・メイドの精神、ポップアートの大衆文化的イメージ、ありふれた要素を用いたヌーヴォー・レアリスムの手法の混合が見られます。ラヴィエは、絵画や彫刻の伝統的なカテゴリーを超越し、混成することに重点をおいています。ペイント、積み重ね、台座への設置、拡大、もしくは本来のコンテクストからの隔離により、オブジェと化す彼の作品は、自ら「シャンティエ」(工事現場)と好んで呼ぶ作品群を形成しています。これは、あえてオブジェを完成したものとみなさず、常に立ち戻って再び手を加える可能性を残していることを意味します。ラヴィエは既存のアート作品のみならず、日常生活に馴染み深い物も同様に取り入れ、1980年代には、自身の「ファン・ゴッホ風」絵画テクニックを「介入」の手段として使い、あらゆる物を印象派絵画風の厚い絵具の層で覆いました。日常的に存在するありふれた物もペイントを重ねることで芸術品へと変容しますが、より重要なことは、このオブジェがそれ自身の絵画表現となることです。逆説的ですが、もともとの物体の姿が視界から隠されて完全に消えたときに初めて現実の表象が現れるのです。その結果として、絵画のイメージは曖昧となり、絵画が持つ抽象的な性格は、具象画と抽象画のどちらとも呼べない不明瞭なステータスに置き換えられます。

エスパス ルイ・ヴィトン東京は、フォンダシオン ルイ・ヴィトン所蔵コレクションの中から展示される7点の作品をとおして、ラヴィエに特徴的なさまざまなスタイルとカテゴリーをご紹介します。「ファン・ゴッホ風」絵画テクニックによる《Atomium》(2007年) や、レディ・メイドをユーモアと冗談を込めて解釈した《La Bocca sur Zanker》(2005年)を含む今回の展覧会は、絶えず進化を続け、解釈、置き換え、転化の戦略を用いた実験に挑むラヴィエのユニークな才能を発見できる構成となっています。上記以外には、ネオンを用いたインスタレーション《Empress of India II》(2005年)、アクリル画の《Walt Disney Productions1947–2013 Nº 2》(2013年)、《Birka》(2007年)、《Paysages Axiois》(2014年)、クロムメッキを施した彫刻作品の《Ibo》(2008年)が展示されます。ジャンル、原理原則、素材のミックスはラヴィエの芸術的手法の特徴であり、これによって生まれる作品は、私たちの物の見方や慣れ親しんできた芸術の解釈方法を揺るがし、逆説的で極めて明確な視覚的インパクトを与えます。

 

アーティストについて

ベルトラン・ラヴィエは1949年、シャティヨン=シュール=セーヌ(フランス)生まれ。1980年代および1990年代のアプロプリエーション(流用) ・アート運動に強い影響力を与えたアーティストであるラヴィエは、冷蔵庫やテーブルといった日常的な大量生産製品にペイントを何層も厚塗した、もしくは、ありふれた「物」を台座に置いたレディ・メイド作品でよく知られていると言えるでしょう。多種多彩な媒体を駆使するラヴィエの作品はこれまで世界各地で展示され、2012年にはポンピドゥーセンター(パリ、フランス)で大々的な回顧展が開催されました。近年に開催された展覧会としては、ルツェルン美術館(スイス) での「ウォルト・ディズニー・プロダクションズ展」(2017年) 、モナコ美術学校( モナコ公国)での「ベルトラン・ラヴィエ展」(2016年)、リヒテンシュタイン美術館(リヒテンシュタイン公国) での回顧展(2016年)、フィンセント・ファン・ゴッホ財団(アルル、フランス)における「L’affaire tournesols (ヒマワリ事件) 展」(2014-2015年) 等。また、彼の作品はヴィクトリア国立美術館(オーストラリア)、ポンピドゥー・センター(パリ、フランス)、アムステルダム市立美術館(Stedelijk Museum Amsterdam、オランダ)、ロサンゼルス近代美術館(アメリカ合衆国)、東京国立近代美術館、その他多数の美術館に所蔵されています。パリとエニェ=ル=デュック(フランス) 在住、制作の拠点として活動を続けています。

 

開催概要

----------------------------------------------------------------
【会期】 2018年4月19日(木)〜2018年9月24日(月・祝)
【休館】 ルイ・ヴィトン表参道店に準ずる
【時間】 12:00〜20:00
【会場】 エスパス ルイ・ヴィトン東京
【料金】 無料
   

 

ベルトラン・ラヴィエ「Medley - Works from the Collection」フォトギャラリー

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為は法律で禁止されています。

 

会場

エスパス ルイ・ヴィトン東京:
150-0001 東京都 渋谷区神宮前5-7-5 ルイ・ヴィトン 表参道店 7階 + Google マップ
電話番号:
0120-00-1854
Web サイト:
http://www.espacelouisvuittontokyo.com/