ARTLOGUE 編集部

ARTLOGUE 編集部

イベントを読み込み中

« すべてのイベント

  • このイベントは終了しました。

兵庫県政150周年記念事業 横尾忠則 画家の肖像

5月26日 @ 10:00 - 8月26日 @ 18:00

s-0
ポスターデザイン:横尾忠則

 

1965年の自主制作ポスター《TADANORI YOKOO》以来、横尾忠則は作品にたびたび自身の姿を登場させています。1960年代後半から若者文化を牽引し、作品のみならず作家自身のイメージまでもがメディアによって拡散されてきた横尾にとって、主観と客観が混在する自身の肖像は特別なテーマであったといえます。また、グラフィックデザイナーから画家へ転身する1980年初頭には、確立したデザイン手法を封印し、絵画の中に自分らしさを求めて、多種多様な自画像を描き始めます。

本展の第一部では、移り変わる関心のままに主題や様式を変化させてきた横尾の根底にある自己探求のプロセスを、自画像というテーマから探ります。虚像としての横尾忠則像を自ら複製する1960年代後半から70年代、試行錯誤を繰り返し、様々な手法で自身の姿をモチーフとして取り入れる1980年代、少年期の記憶から自身を見つめる1990年代、日常の延長をスナップ写真のように描きとめる近作など、自画像の変遷は、描くこと、生きることに対する横尾の意識の変化でもあります。

第二部では、横尾が影響を受けた画家の肖像を展示します。そこには師であり仲間でもある先人たちへの敬意や共感、批評等、様々な思いが見え隠れしています。

自己と他の画家との間を往還する「画家の肖像」が、変幻自在の画家、横尾忠則の道程を辿る機会となれば幸いです。

 

開催概要

----------------------------------------------------------------

【会期】 2018年5月26日(土)-8月26日(日)
【時間】 10:00-18:00[金・土曜日は20:00まで]
    ※入場は閉館の30分前まで
【休館】 月曜日 ※ただし7/16(月・祝)は開館、7/17(火)は休館
【会場】 横尾忠則現代美術館
【料金】 一般 700(550)円、大学生 550(400)円、70歳以上 350(250)円
    *高校生以下 無料
    *( )内は20名以上の団体
    *障害のある方(70歳以上除く)は各観覧料金の半額、
     其の介護の方(1名)は無料
    *割引を受けられる方は、証明できるものをご持参のうえ、
     会期中美術館窓口で入場券をお買い求めください
    *兵庫県立美術館の特別展または県美プレミアムのチケット半券をご提示頂くと、
     横尾忠則現代美術館の企画展が団体割引料金でご覧いただけます
    *県政150周年を記念し、7月12日(木)−16日(月・祝)は無料でご覧いただけます

 

関連イベント

----------------------------------------------------------------
イブニング・ギャラリー・ツアー
【講師】 当館学芸員
【日時】 6月2日(土)、7月14日(土)、8月11日(土) いずれも18:00-18:45
【会場】 当館オープンスタジオ
【参加費】 無料、ただし要展覧会チケット(高校生以下は除く)
 *詳細はこちら

◆ワークショップ「自画像であそぼう!」
【講師】 当館スタッフ
【日時】 7月26日(木)、27日(金)いずれも13:30-16:00
【会場】 当館オープンスタジオ
【対象】 小学生以上
【定員】 20名(要申込)
【参加費】 無料、ただし要展覧会チケット(高校生以下は除く)
 *詳細はこちら 

 

兵庫県政150周年記念事業 横尾忠則 画家の肖像 フォトギャラリー

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為は法律で禁止されています。