ARTLOGUE 編集部

ARTLOGUE 編集部

イベントを読み込み中

« すべてのイベント

アート&デザインの大茶会

6月15日 - 7月22日

%e2%91%a2%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%e4%bd%9c%e5%93%81%e7%94%bb%e5%83%8f%e5%85%a5%e3%82%8a

『おおいた大茶会』をテーマに開催される第33回国民文化祭・おおいた2018、第18回全国障害者芸術・文化祭おおいた大会を記念し、大分県立美術館では、開館当初より親しまれているアトリウム展示をてがけた3人の作家、マルセル・ワンダース、須藤玲子、ミヤケマイによるインスタレーションに特化した展覧会を行います。本展のために特別に計画された展示を通してアートとデザイン、それぞれの分野における第一線の活動をご紹介します。

オランダのデザイン界の貴公子、マルセル・ワンダースは、自身がデザインしたオブジェクトと映像によって「幻想の間」を創り出します。世界的に活躍する日本人テキスタイルデザイナー、須藤玲子は布のオブジェを浮かび上がらせた「触感の間」を創り出します。日本の若手現代アーティスト、ミヤケマイは、インタラクティブな展示により、鑑賞者が作品との対話と反応を楽しみながら思いをめぐらせる「瞑想の間」を創り出します。

開館当初から大分県立美術館が目指す、「出会いのミュージアム」。そして国民文化祭のテーマである「大茶会」。この2つのコンセプトのもと、五感にうったえ、人と作品の出会う、センセーショナルな現代版茶会をお届けします。

 

開催概要

----------------------------------------------------------------
【会期】 2018年6月15日(金)~7月22日(日)
【時間】 10:00~19:00 (金・土曜日は20:00まで、入場は閉館の30分前まで)
【会場】 大分県立美術館 1階 展示室A
【料金】 一般 1,000(800)円、大学生・高校生 500(300)円
    ※( )内は20名以上の団体料金
    ※中学生以下は無料
    ※障がい者手帳等をご提示の方とその付添者(1名)は無料
    ※学生の方は入場の際、学生証をご提示ください
    ※本展覧会の半券で、コレクション展を団体料金でご覧いただけます
    ※大分県芸術文化友の会 びびKOTOBUKI無料(同伴者1名半額)、TAKASAGO無料、
     UME団体料金

 

アート&デザインの大茶会 フォトギャラリー

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為は法律で禁止されています。

会場

大分県立美術館:
870-0036 大分県
大分市, 寿町2丁目1
+ Google マップ
電話番号:
097-533-4500
Web サイト:
http://www.opam.jp/