ARTLOGUE 編集部

ARTLOGUE 編集部

イベントを読み込み中

« すべてのイベント

  • このイベントは終了しました。

モネ それからの100年

4月25日 - 7月1日

モネ展_A4_H300131_temp

モネが現在パリのオランジュリー美術館の壁面を飾っている睡蓮の大作に取りかかるのは、ちょうど100年ほど前のことです。画家が没した翌年の1927年にこの睡蓮の壁画が公開された時、人々の反応は今では考えられないほど冷淡なものでした。それから20年余、あまりに時代に先んじていたモネの斬新な絵画表現は次第に理解者を増やし、今では現代美術の出発点として位置付けられています。戦後アメリカの抽象表現主義の作家たちはいうに及ばず、21世紀の今を生きる作家たちにとっても、モネは尽きることのない創造の泉として生き続けているのです。

この展覧会では、約90点の出品作品によって、印象派を超えて現在にまでつながるモネ芸術の深みと広がりを、彼の精神を受け継ぐ後世代の作家たちと比較検討することにより明らかにしていきます。またモネから現代へと向かう流れだけでなく、現代の視点からモネを見直すことにより、その新たな価値の発見を目指します。時代を超え、あらゆる人々を魅了し、刺激し続けるモネの絵画。現代美術との出会いによって再び覚醒する、この巨匠の永遠の魅力をお楽しみください。

 

開催概要

----------------------------------------------------------------
【会期】 2018年4月25日(水)-7月1日(日)
【時間】 9:30~17:00(金曜日は20:00まで)(入館は閉館30分前まで)
【休館】月曜日 
【会場】 名古屋市美術館
【料金】 一般1,400(1,200)円、高校・大学生1,000(800)円、中学生以下無料
    ※カッコ内は20人以上の団体料金。
    ※身体等に障害のある方は、手帳の提示により本人と付添者2名まで
     当日料金の半額でご覧いただけます。
    ※名古屋市交通局発行の「一日乗車券」「ドニチエコきっぷ」を
     当日利用して来館された方は100円割引。
    ※「名古屋市美術館常設展定期観覧券」の提示で団体料金が適用されます。
    ※いずれも他の割引との併用はできません。
    ※「モネ それからの100年」展の観覧券で常設展もご覧いただけます。

■名古屋市美術館HP http://www.art-museum.city.nagoya.jp/
■展覧会特設サイト   http://www.chunichi.co.jp/event/monet/

 

モネ それからの100年 フォトギャラリー

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為は法律で禁止されています。

会場

名古屋市美術館:
460-0008 愛知県
名古屋市, 中区栄2丁目17−25 (芸術と科学の杜・白川公園内)名古屋市美術館
+ Google マップ
電話番号:
052-212-0001
Web サイト:
http://www.art-museum.city.nagoya.jp/