「フランシス・アリス展」 CURATORS TV

ARTLOGUE 編集部

ARTLOGUE 編集部

curatorstv-725002

「フランシス・アリス展」のギャラリートーク

スピーカー

吉﨑和彦

会場

東京都現代美術館

会期

2013年4月6日~9月8日

展示について

サーファーが波に乗るようなものだよ。 そう言って、すらりとした長身の男は竜巻の中へ飛び込んでいく。 メキシコシティの雑踏の中でも、イスラエルとパレスチナの境界線上であっても、 常に同じ軽やかさをもって、アクションをおこしてきた。 それがアリスの世界の歩き方。 今、最も注目すべきアーティスト、待望の日本初個展。 砂塵を巻き上げる竜巻の中へカメラ片手に突入する。朝から晩まで、メキシコシティの街なかで巨大な氷を溶けるまで押し続ける。こうしたフランシス・アリスの行為は、一見すると無謀で滑稽なものに映るかもしれません。しかし、その一つ一つの行為は私たちが生きる社会の寓意として、決して見過ごすことのできない現実を浮かび上がらせます。 メキシコ在住のアーティスト、フランシス・アリス(1959-)は、都市の中を歩きまわり、そこから 見えてくる日常に潜む問題をとらえて、作家が街なかで行うアクションから数百人の参加者を ともなった大規模なものまで、さまざまなプロジェクトを世界各地で行ってきました。そうした行為は、記録映像や写真、物語性をもった魅力的な絵画、ドローイング、ときにはポストカードまで、多様な形で展開していきます。 アリス作品の多くは、作家が生活するメキシコの社会的、政治的問題を扱っていますが、詩的でウィットに富んだ表現によって、特定地域の問題さえも誰もが共有できるものにしてしまうその卓越した表現力は、国際的に高く評価されています。 本展は二期にわたって、初期作品から新作までアリス作品の全貌を明らかにするものです。第1期では、メキシコで行った約15のプロジェクトを、映像を中心に写真や絵画、彫刻を通して紹介し、作家のこれまでの表現活動を概観します。一方、第2期では、ジブラルタル海峡で行った大規模な新作プロジェクト《川に着く前に橋を渡るな》に焦点をあてて、その記録映像、絵画、ドローイング、インスタレーション、彫刻、写真など約140点を発表します。 社会が大きな変化を迎えている今、アートは社会においてどのような役割を担うことができるか問われています。そうした中、寓意に満ちた物語の力によって現実と向き合うアリスの姿勢は、現実社会に対するアートの可能性をあらためて提示することになるでしょう。 第1期: MEXICO SURVEY メキシコ編 2013年4月6日(土)- 6月9日(日) アーティストとしての自身の立場をユーモアたっぷりに表明する《観光客》(1994年)や、メキシコシティの街なかで巨大な氷を解けるまで押し続ける《実践のパラドクス1(ときには何にもならないこともする》(1997年)など、第1期では活動拠点のメキシコで制作した作品に焦点をあてて、作家のこれまでの活動を概観します。 第2期: GIBRALTAR FOCUS ジブラルタル海峡編 2013年6月29日(土)- 9月8日(日) アフリカとヨーロッパを隔てるジブラルタル海峡で行った大規模な新作プロジェクトを紹介します。移民問題を背景に、アリスはこどもたちとともに想像力をもって二つの大陸に橋を渡す試みを行います。本プロジェクトを、映像、インスタレーション、絵画、ドローイングを通して紹介します。

アーティストについて

Francis Alÿs (フランシス・アリス) 1959年ベルギー、アントワープ生まれ。現在メキシコシティ在住。 ヴェネツィアで建築を学んだ後、1986年メキシコシティに渡り、前年の大地震で大きな被害を受けた同地の復興活動に約ニ年間従事することになる。その後も建築家として働くも、90年前後よりアーティストとして作品を制作し始める。主にメキシコやラテンアメリカの社会状況の寓意に満ちた作品を制作し、その形式はアクション、映像、絵画、写真など多岐にわたる。90年代後半よりヴェネツィア・ビエンナーレやイスタンブール・ビエンナーレなどに招待され、国際的に注目される。2010年大規模個展がロンドンのテート・モダンで開催され、翌年にはニューヨーク近代美術館に巡回。2012年には、5年に一度の国際展「ドクメンタ13」(ドイツ、カッセル)に 参加。 1959年 ベルギー、アントワープで生まれる。 1978-83年 Institut d’Architecture de Tournai(ベルギー、トゥルネー)にて学ぶ。 1983-86年 Instituto Universitario di Architettura di Venezia(ヴェネツィア)にて学ぶ。 1986年 メキシコシティに移住。 1998年 第24回サンパウロ・ビエンナーレに参加。 1999年 第48回ヴェネツィア・ビエンナーレに参加。 2001年 第7回イスタンブール・ビエンナーレ、第49回ヴェネツィア・ビエンナーレに参加。 2003年 ローマ現代美術センターにて個展「預言者と蠅」を開催。その後、クンストハウス・チューリヒ、ソフィア王妃芸術センター(マドリード)等に巡回。 2006年 SCHAULAGER(スイス、バーゼル)にて個展「サイン・ペインティング・プロジェクト(1993-1997)」、      ハーシュホーン美術館(ワシントン)にて個展「ブラック・ボックス」を開催。 2010年 テート・モダン(ロンドン)にて個展「虚偽の物語」を開催。その後、Wiels(ベルギー、ブリュッセル)とニューヨーク近代美術館へ巡回。 2012年 ドクメンタ13(ドイツ、カッセル)に参加。

スピーカーについて

吉﨑和彦(よしざき・かずひこ) 1980年生まれ。東京都現代美術館学芸員。ロンドン大学ゴールドスミス・カレッジ現代芸術論修士課程を修了。「フランシス・アリス展」を企画。