「あいちトリエンナーレ2013」 CURATORS TV

ARTLOGUE 編集部

ARTLOGUE 編集部

curatorstv-6625326356496384

「あいちトリエンナーレ2013」のギャラリートーク

スピーカー

五十嵐太郎

会場

愛知芸術文化センター、他

会期

2013年8月10日 ~ 10月27日

展示について

アートが街に飛び出し、都市の祝祭で賑わった、初回のあいちトリエンナーレ2010。 3年に一度の国際芸術祭が、2013年に再び開催されます。 第二回のあいちトリエンナーレでは、「揺れる大地―われわれはどこに立っているのか:場所、記憶、そして復活」をテーマに掲げ、東日本大震災後のアートを意識しつつ、世界各地で起きている社会の変動と共振しながら、国内外の先端的な現代美術、ダンスや演劇などのパフォーミングアーツ、オペラを紹介します。 現代美術と舞台公演が同時に行われるのは、ほかの芸術祭にはない、あいちトリエンナーレの大きな特徴です。 そこでアート・ファンがパフォーミングアーツに出かけたり、その逆も起こるような、領域を横断する作品も積極的にとり入れます。 今回は名古屋市内の美術館を飛び出すまちなか展開のほかに、岡崎市内のまちなかにも会場を設けます。 また愛知県の各地に、アートを届ける仕掛けも導入します。 さらに会場間を移動する途中、目に入る建築を鑑賞するためのガイドを提供したり、普段は入ることができない建物公開のイベントを実施します。 あいちトリエンナーレ2013が、アートを楽しみながら、日常生活ではあまり意識していなかった街の魅力にも気づく機会となることをめざします。 このトリエンナーレに参加することで、世界はもっと豊かに見えてくるはずです。

アーティストについて

02;20 岡本信治郎《 ころがるさくら・東京大空襲 》2006 07;28 ヤノベケンジ《太陽の結婚式》2013  10;51 青野文昭《なおす・代用・合体・侵入・連置-震災後の石巻で収拾した廃船の復元》2012 13;32 フロリアン・スロタワ《Museums-Sprints (Alte Pinakothek München, 1:13.26 min)》2011 17;17 彦坂尚嘉《復活の塔》2013 20;25 宮本佳明《福島第一さかえ原発》2013 24;50 リアス・アーク美術館《東日本大震災の記録と津波の災害史》

スピーカーについて

あいちトリエンナーレ2013 芸術監督 五十嵐太郎(いがらしたろう) (略 歴) 1967年パリ生まれ。中部大学講師、東北大学大学院助教授を経て、2009年から東北大学大学院教授。 2008年ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展では、日本館コミッショナーを務めた。 2010年に開催されたあいちトリエンナーレ2010では、長者町企画コンペの選考委員も務めた。 現在、東北大学大学院工学研究科教授(都市・建築学)。