「第17回岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)展」 CURATORS TV

ARTLOGUE 編集部

ARTLOGUE 編集部

curatorstv-5885682522259456

「第17回岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)展」のギャラリートーク

スピーカー

片岡 香

会場

川崎市岡本太郎美術館

会期

2014年2月8日~4月6日

展示について

時代に先駆けて、たえず新たな挑戦を続けてきた岡本太郎。岡本太郎現代芸術は、岡本の精神を継承し、自由な視点と発想で、現代社会に鋭いメッセージを突きつける作家を顕彰するべく設立されました。 今年で17回目をむかえる本賞では、780点の応募があり、創造性あふれる20名(組)の作家が入選をはたしました。21世紀における芸術の新しい可能性を探る、意欲的な作品をご覧ください。

アーティストについて

岡本太郎賞 キュンチョメ Kyun-chome まっかにながれる 岡本敏子賞 サエボーグ Saeborg Slaughterhouse-9 特別賞 アートホーリーメン arthorymen HORYMANと鯱 特別賞 小松葉月 KOMATSU Hazuki 果たし状 特別賞 じゃぽにか Japonica 悪ノリSNS「芸術は炎上だ!」 特別賞 高本敦基 TAKAMOTO Atsuki The Fall 赤松音呂 AKAMATSU Nellow マグネティカ・アニマータ 栗真由美 KURI Mayumi Flower Maker 小山真德 KOYAMA Masayoshi Kwannon うみの風景 鈴木雄介 SUZUKI Yusuke いけにえライン 田中偉一郎×田中十郎 TANAKA Iichiro×TANAKA Juro 焚き火ロボ 知花玲央 CHIBANA Leo FIRE 長尾恵那 NAGAO Ena ぜんぶわたしのもの 中村亮一 NAKAMURA Ryoichi 家族の物語 萩谷但馬 HAGIYA Tajima ␣ 廣田真夕 HIROTA Mayu 回る生きる 文谷有佳里 BUNYA Yukari なにもない風景を眺める:線の部屋 柵木愛子 MASEKI Aiko この街 吉田晋之介 YOSHIDA Shinnosuke メルト 吉田和夏 YOSHIDA Waka 昼の星座

スピーカーについて

片岡香(かたおか・かおり) 川崎市岡本太郎美術館 学芸員 1998年より岡本太郎美術館準備室を経て、1999年開館より同館に勤務。 「芸術と科学の婚姻 虚舟(うつろぶね)」展(2011)、「対照 佐内正史の写真」展(2009)、「岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)」展などを担当